Help us understand the problem. What is going on with this article?

13.[Ruby On Rails]

1.ネスト

入れ子構造
ある記述の中に入れ子構造で別の記述をする方法

resources :tweets   do
 resources :comments, only: [:アクション名]
end

#/tweets/:tweet_id/comments

2.form_tag

<%= form_tag('パス', method: :HTTPメソッド) do %>

3.部分テンプレート

viewを作成する際に同じようなレイアウトの部分が複数存在する場合、同じHTML構造の部分を共通化することによって、無駄なくviewファイルを作成できる
共通化された部分を部分テンプレート
ファイル名は必ず_(アンダーバー)から始まる

4.renderメソッド

部分テンプレートを呼び出す際に利用する

render partial: "sampel", locals: {tweet: "Hello!"}

5.カラムを削除

$ rails g migration Removeカラム名Fromテーブル名

#マイグレーションファイル
#remove_column :テーブル名, :カラム名, :型

6.Git

ソースコードの変更履歴を、バージョン等を記録するツール

7.Github

チーム開発、ソースコードの共有

8.git clone

外部のサーバーにあるGitで管理されたソースコードを自分のパソコンのローカル環境にダウンロードする

$ git clone リポジトリ名  ディレクトリ名

9.Gemのインストール

$ bundle

#installは省略できる

10.$ bundle exec コマンド

2つ以上のrailsアプリケーションを同じバージョンのRubyを利用して作成している際に必要となるコマンド

11.スクレイピング

ウェブサイト上のHTMLからある特定のデータを抜き出す処理

12.Mechanize(Gem)

スクレイピングを行うためのGem

gem 'mechanize'

$ bundle

13.Mechanizeクラスのインスタンスを作成

agent = Mechanize.new

14.ウェブサイトのHTMLを取得

page = agent.get('URL')

15.HTML要素の内容を検索

elements = page.search("")  #複数

elements = page.at("")   #1つだけ

16.HTML情報のテキストを取得

elements.each do |ele|
 puts ele.innner_text
end

17.HTML属性の値を取得

elements.each do |ele|
 puts ele.get_attribute('src')
end

elements.each do |ele|
 puts ele[:src]
end

18.reload!

コンソール起動中にコードを修正、追記した際、コンソールでリアルタイムで変更内容を反映してくれない
変更内容を読み込んでくれる

19.first_or_initializeメソッド

whereメソッドとともに使うことで、whereで検索した外部のコードがあれば、そのレコードのインスタンスを返し、なければ新しくインスタンスを作る

user = User.where(nickname: "Sample").first_or_initialize
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away