JavaScript

20.[Javascriptの基礎]

1.Javascriptとは

webページを操作するためのプログラミング言語

2.特徴

①HTML/CSSの取得ができる
②HTML/CSSをリアルタイムで変更できる
③ユーザーの操作によって処理を実行できる

3.scriptタグ

HTML内にJavascriptを埋め込むためのタグ
タグの中に直接書き込むことができる

<script>
  //Javascriptを記述
</script>

4.window.alert()

ブラウザでアラートを表示させるメソッド
引数としてアラートに表示させるテキストを渡す

window.alert('表示させたいテキスト');

5.console.log()

ブラウザのコンソールにテキストを表示させるメソッド
引数としてコンソールに表示させるテキストを渡す

console.log('表示させたいテキスト');

6.Javascriptファイル

拡張子に.jsをつける

7.Javascriptを外部ファイルから読み込む

src属性で読み込むJavascriptファイルのパスを指定

<script src="読み込みたいJavascriptファイルのパス"></script>

8.文法の基礎

行の最後にセミコロン(;)をつける

9.変数

varかletの後に半角スペースを挟んで変数名を記述

var name = "Javascript";

let myName = "Javascript";

10.条件分岐

if () {
  //処理1
} else if () {
  //処理2
} else {
  //処理3
}

11.配列

var list = [];

var item = list[0];  //配列の要素を取得

var list = [];
list.length    //配列の要素数を取得

var list = [];
list.push('jQuery');   //要素を末尾に追加
list.unshift('Ruby');  //要素を先頭に追加

var list = [];
list.pop();         //末尾の要素を削除
list.shift();  //先頭の要素を削除

12.オブジェクト

var obj = {};

var obj = {プロパティ名: 値1};

obj.プロパティ名    //プロパティの値を取得

obj.プロパティ名 = 新しい値   //値を変更

13.繰り返し

for (var i = 0; i < list.length; i++) {
  console.log();
}

14.関数

function 関数名(引数) {
  //処理の内容
}