1. Idenon

    No comment

    Idenon
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,43 +1,46 @@
# 結論
指定の flavor のところにこれを書けばよい
`project.target = "lib/main_development.dart"`
flavor 指定の全体的にはこんな感じ
```groovy
flavorDimensions "default"
productFlavors {
development {
project.target = "lib/main_development.dart"
dimension "default"
applicationIdSuffix ".dev"
versionNameSuffix ".dev"
}
staging {
dimension "default"
applicationIdSuffix ".stg"
versionNameSuffix ".stg"
}
production {
dimension "default"
}
}
```
これで、flavor を development でビルドした時のターゲットが `lib/main_development.dart` になる
`flutter run --debug --flavor development`
# あとがき
Flutter で Android の Build Variant 設定は比較的簡単で、設定方法についてはいろんな記事が出ているのですが、意外と Target の指定方法が見つかりづらかったので、記事にしました。
+気づいたきっかけはこのコードです。
+https://github.com/flutter/flutter/blob/master/packages/flutter_tools/gradle/flutter.gradle#L583
+
Build Variant の設定方法自体は以下の記事が詳しくわかりやすいです。
flutterで本番/ステージング/開発を切り替える
https://qiita.com/ko2ic/items/53f97bb7c28632268b5a
Flutterで環境ごとにビルド設定を切り替える — iOS編
https://medium.com/flutter-jp/flavor-b952f2d05b5d