Edited at

ターミナルだけを使ってRaspberryPi 3にシリアルUSB変換ケーブルで接続する(モニタ・キーボード不要)

More than 1 year has passed since last update.


概要

RaspberryPi 3はWi-Fi内蔵で便利になりましたが、デフォルトではUSBシリアル変換ケーブルが使用できません。でも、ちょっと一手間を加えると従来通りUSBシリアル変換ケーブルが使用できるようになります。本手順実施にあたり、HDMI接続モニタやUSB接続キーボードは不要です。


必要なもの


  • RaspberryPi 3 + micro SDカード + 電源一式

  • micro SDカードリーダー(PCにリーダーを内蔵している場合は不要)

  • USBシリアル変換ケーブル

  • PC

  • ターミナルソフト


[1] OSのインストール



  • こちらからRaspbianのイメージをダウンロードして解凍します。本手順は[2016-05-27]版で確認しています

  • SDカードにイメージを書き込みます。Win32 Disk Imager(Windows)やApplePi Baker(Mac)を使うと良いでしょう


[2] 設定を変更する


  • PCにmicro SDカードをマウント(読み込み)します


  • config.txtをテキストエディタで開きます。不用意に他のファイルを開くとRaspberryPiが起動しなくなるおそれがあるので注意しましょう
    boot 2016-07-24 12-33-43.png


  • config.txtの最後尾に以下を追記して保存します

dtoverlay=pi3-miniuart-bt

スクリーンショット 2016-07-24 17.21.33.png


SSHを有効化する

2016年11月頃以降のRaspbianイメージから、セキュリティを考慮してデフォルトではSSHが無効になっています。ボリュームの/直下にsshという名前の空ファイルを作成すると起動時にSSHが有効になるようです。Macの場合は、SDカードをマウントして、ターミナルで下記コマンドを実行すればOKです。Windowsでは未検証です。

$ touch /Volumes/boot/ssh


[3] USBシリアル変換ケーブルで接続する

あとはRaspberryPi 2などの時と同じようにUSBシリアル変換ケーブルで接続できます。接続方法は以下の記事などを参考にして下さい。

Raspberry piをインストールして設定してみよう