Posted at

2/3日のJavaScript学習内容

More than 5 years have passed since last update.

本日は、JavaScriptの基本を学ぶためにドットインストールというサイトの動画講座を視聴しました。

今までに学習したことのある内容もありましたが、基礎をもう一度思い出す意味でももう一度しっかりとおさらいしたいと思います。

本日行った内容は主にプログラムを書き下すための構文やオブジェクトなどについてです。

①各演算子について

②条件分岐

③ループ文

④配列

⑤オブジェクト

それぞれにおいて注意しなければならない点を挙げていきたいと思います。

①=は代入演算子なので、左右を比較したい時には==と二つ使う。

②if...else...if...の分を上手く使うことによって様々な条件に対応したプログラムを書く事が出来る。

③whileループとforループを行ったが、それぞれ同じ結果を導くプログラムを作ることができるが、実行している中身は全く違うことを行っている。whileは規定値まで何度も検証を続け、規定値に達した所でループを抜けるが、forはそのカウンターで条件の真偽をし、真であれば偽になるまでループをし真偽を続けていく。

④連想配列を用いることによってその場に合った良いプログラムを書くことが出来る。

⑤本日はStringオブジェクトのみだったが、substrやreplaceなどを用いることにより様々なプログラムを書くことが出来る。初めのnew Stringという宣言は省略が出来る。

まだ講座が少し残っているので完璧ではないですが、こういった基本的な内容をしっかりと補完していこうと思います。