Edited at

Railsの環境構築(Ubuntu)

More than 1 year has passed since last update.


まえがき

今までCloud9を使ってアプリを作っていたんですが、ローカルでも作ってみたいと思ったので、環境構築してみました。

OSはUbuntu16.04です。


各種パッケージのインストール

sudo apt-get update

sudo apt-get -y install git curl g++ make
sudo apt-get -y install zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev
sudo apt-get -y install libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev
sudo apt-get -y install sqlite3 libsqlite3-dev nodejs


rbenvのインストール

rbenvでRubyのバージョン管理を行います。

cd

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL


ruby-buildのインストール

ruby-buildはUNIX系のシステム上で異なるバージョンのRubyをコンパイルし、インストールするためのコマンドを提供するrbenvのプラグインです。

mkdir -p ~/.rbenv/plugins

cd ~/.rbenv/plugins
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git


Rubyのインストール

今回はバージョン2.4.1をインストールします。

rbenv install 2.4.1

rbenv global 2.4.1

rbenv version #rbenvバージョンの確認
ruby -v #rubyバージョン確認


gemrcの作成

gemに与えるデフォルトのオプションをgemrcで設定します。

cd

vi .gemrc


.gemrc

install: --no-ri --no-rdoc

update: --no-ri --no-rdoc


Ruby on Railsのインストール

今回はバージョン5.2.1をインストールします。

gem install rails -v '5.2.1'

rbenv rehash


作業フォルダの作成

cd

mkdir rails


アプリの作成

cd ~/rails

rails new foo


サーバーの起動

cd ~/rails/foo

rails s


アクセス

http://localhost:3000/

Yay! You’re on Rails!とでたら成功です。


あとがき

このあとはProgateRailsチュートリアルをやるのがおすすめです。

Railsの世界へようこそ!