Edited at

Ubuntu16.04にVimを導入する

More than 1 year has passed since last update.


まえがき

UbuntuにVimを導入したい人のメモ。


Vimのインストール

Ubuntuにはデフォルトで"Vim-tiny"というエディタが入っていますが、最小限の機能しかなく使いづらいので、Vimをインストールします。

sudo apt-get install vim


VimBootstrapで.vimrcを作成する

.vimrcとはVimの設定ファイルです。

Vimを使いやすくするために、様々な機能を導入できます。

Vimに慣れてくると自分でカスタマイズする人もいますが、始めからカスタマイズするのは難しいので、今回はVimBootstrapを使って、さくっと.vimrcを作ってしまいます。


VimBootstrap使用の準備

VimBootstrapのGitHubを見て、必要なものをインストールします。

sudo apt-get install git exuberant-ctags ncurses-term curl


.vimrcの設置

VimBootstrapを使って作ったファイルをDownloadsからHomeへ移動し、ファイル名を.vimrcに変更します。

mv ~/Downloads/generate.vim ../

mv generate.vim .vimrc


あとがき

これである程度使える形になります。

このあとは実践Vimを読んだり、色々な人の.vimrcを覗いてカスタマイズするのがおすすめです。