Edited at

DockerでRailsの環境構築をする


はじめに

CAMPFIREとかマネーフォワードとか、Dockerを使っている企業も多くなってきてますね。

というわけで、私もDockerを使ってみたいと思ったわけです。

とりあえずDockerでRails動かしてみたい!って方向けに書いてますので、細かい文法等は公式リファレンスを参考にしてください。


サンプル

今回の実装結果をGitHubに上げておきましたので、良ければ利用してください。

https://github.com/HiroyukiYagihashi/rails-on-docker


実装


Dockerのインストール

DockerHubへの登録、Dockerのインストールを行います。

上記のDockerリンクはMacOS用ですが、他のOSを使っている方はそれぞれに合ったDockerをインストールしてください。


プロジェクトの作成

まず、適当にフォルダを作成します。

この中にプロジェクトを作成していくのでプロジェクト名とかがいいと思います。

今回は仮でmyappにしています。

myappフォルダの作成

$ mkdir myapp

ここから先はmyapp内での操作となりますので、移動しておきましょう。

myappへの移動

$ cd myapp

Dockerfileを作成し、内容を記述していきます。

Dockerfileの作成

$ touch Dockerfile

Dockerfileの内容を記述

FROM ruby:2.5

RUN apt-get update -qq && apt-get install -y nodejs postgresql-client
RUN mkdir /myapp
WORKDIR /myapp
COPY Gemfile /myapp/Gemfile
COPY Gemfile.lock /myapp/Gemfile.lock
RUN bundle install
COPY . /myapp

COPY entrypoint.sh /usr/bin/
RUN chmod +x /usr/bin/entrypoint.sh
ENTRYPOINT ["entrypoint.sh"]
EXPOSE 3000

CMD ["rails", "server", "-b", "0.0.0.0"]

次にGemfile、Gemfile.lockを作成していきます。

GemfileはRailsをインストールするために、ここで作成しています。

あとでrails newを実行した時に上書きされます。

Gemfile.lockの中は空で大丈夫です。

GemfileGemfile.lockの作成

$ touch Gemfile && touch Gemfile.lock

Gemfileの内容を記入

source 'https://rubygems.org'

gem 'rails', '~>5'

ここで、entrypoint.shを作成していきます。

現在、特定のserver.pidファイルが存在する時、サーバーが再起動するのを妨げるエラーが発生しているらしいです。

このシェルスクリプトを追加すると、上記のエラーを解消してくれるとのこと。

entrypoint.shの作成

$ touch entrypoint.sh

entrypoint.shの内容を記入


entrypoint.sh

#!/bin/bash

set -e

# Remove a potentially pre-existing server.pid for Rails.
rm -f /myapp/tmp/pids/server.pid

# Then exec the container's main process (what's set as CMD in the Dockerfile).
exec "$@"


最後にdocker-compose.ymlを作成&記入していきましょう。

docker-compose.ymlの作成

$ touch docker-compose.yml

docker-compose.ymlの内容を記入


docker-compose.yml

version: '3'

services:
db:
image: postgres
ports:
- '5432:5432'
volumes:
- postgresql-data:/var/lib/postgresql/data
web:
build: .
command: bash -c "rm -f tmp/pids/server.pid && bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
volumes:
- .:/myapp
ports:
- "3000:3000"
depends_on:
- db
volumes:
postgresql-data:
driver: local

必要なファイルが作成されました。

最終的にこういうファイル構成になったらOKです。

myapp/

 ┣ Dockerfile

 ┣ docker-compose.yml

 ┣ entrypoint.sh

 ┣ Gemfile

 ┗ Gemfile.lock


プロジェクトをビルド

ビルドの準備ができたので、実際にビルドしていきましょう。

Docker上でrails newを実行

$ docker-compose run web rails new . --force --no-deps --database=postgresql

イメージをビルド

$ docker-compose build


データベースの接続

Railsはデフォルトでlocalhostのデータベースに接続される設定になっています。

ですが今回はDBコンテナ(PostgreSQLイメージ)に接続されるように設定を変更します。

database.ymlの設定を変更


config/database.yml

default: &default

adapter: postgresql
encoding: unicode
host: db
username: postgres
password:
pool: 5

development:
<<: *default
database: myapp_development

test:
<<: *default
database: myapp_test

production:
<<: *default
database: myapp_production
username: myapp
password: <%= ENV['MYAPP_DATABASE_PASSWORD'] %>


コンテナ作成&起動

$ docker-comnpose up

DBの作成&マイグレート

$ docker-compose run web rake db:create

$ docker-compose run web rails db:migrate


RailsWelcomeページを表示

ブラウザでhttp://localhost:3000/ にアクセスしてみましょう。

スクリーンショット 2019-05-14 11.32.12.png

こんな感じのが出たらOKです!🙌

もし止めたい場合は下記のコマンドを実行してください。

$ docker-compose down

間違いなどありましたらお教えください!


参考URL

Quickstart: Compose and Rails