Python モジュールの 「matplotlib」 と 「pylab」 との関係性 ~「pylab」って何だっけ?

  • 41
    Like
  • 1
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

コードを書いている途中で、ふと、手が止まったこと

Python をつかったコード実例をみていると、import pylab とインポートしているのを頻繁に見かけたりします。

pylabについて調べてみると、

pylabはインターフェイスで、本体はmatplotlibなので、それをインストールする。

といった記述や、

import pylab # pythonのMATLAB likeなインターフェイス

といった説明が目に付いたりする。

でも、pylab でグラフを描画したりもしている。

あれ? matplotlib.pyplot.plot() と、pylab との関係って、何??


以下で頭が整理できました! :blush:

はじめに(pylabとmatplotlib)

グラフの描画にはmatplotlibというライブラリを用います。

これには、pylabというモジュールが用意されています。

これは、

matplotlib.pyplot内にあるプロット用の関数
numpyの関数
matplotlib.mlabにある関数

を提供しているので非常に使い勝手が良いです。

from pylab import *
としてpylabをインポートしていきます。

matplotlibのサンプルを見ていると、

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

いうようにインポートしていることもなります。

サンプルで使われているこれらの関数は、pylabをインポートすれば使えると思います(多>分)。

例えば、

plt.plot(x, y)

なんてなってるものは、

plot(x, y)

となります。