Edited at

Slackにintegrationできるカスタマー対応チャットツールのSmooch

More than 1 year has passed since last update.

本記事は、以前(2016/08/15)に自ブログに投稿した記事の転載です。

まだQiitaに、Smoochに関する記事が見当たらなかったので投稿しておきます。

ピティナ開発者ブログ - Slackにintegrationできるカスタマー対応チャットツールのSmooch



前置き

遂に、遂に、「Slackにintegrationできるカスタマー対応チャットツール」の本命が来たか!?と思いました。

Smooch

先日、Slaaskが有料になったと嘆いた記事を投稿しましたが、捨てる神あれば拾う神あり、という諺を実感した次第です。


登録の仕方

「Get started for free」のボタンを押します。

あとは、何とチャットでの対話形式で登録完了まで進められます。解説をわざわざ書くまでもない、ほんと楽。

このUI/UXは革新的で、うおおおかっけええええとなります。

「これぞチャットツール」だし「チャットbotでここまでできるんだぜ」というのをこれ以上ない説得力で顕示してきている感じです。惚れる。


試しに設置

bodyタグ終了の直前あたりにScriptタグを仕込むだけで設置できます。楽。

はてなブログにも設置できます(自ブログの右下にあるのがソレです。Stop!イタズラ)


Slackでもいけるし、それ以外でも

登録の最中に、どこにintegrationする?と問われます。

Slackに限らず、HipchatでもLINEでもメールでも何にでもintegrationできます。当協会では、Slackを愛用しているのでSlackにしました。

使い勝手はSlaaskとほぼ同じで、チャットメッセージがユーザから届いたら、そのユーザごとにChannelが増えるかたちですね。

Slaaskとちょっと違うのは、リプライするときには頭に /sk とコマンドをつけること、くらいですが、別段面倒なほどでもありません。


フリー版でも十分実用に堪えうる

プラン/価格は以下の通りですが、フリー版でも月間2,500メッセージのやり取りができるので、ヘヴィに使わなければ、全く問題ないでしょう。

「問合せフォームを全部チャットに置き換えるぜ! 電話対応もしないぜ!」という中規模以上のサイトでもなければ、いけるいける。

Smooch - Pricing


(2017/01/16追記)

2017/01/13付で料金体系が変更されたようです。

フリー版は従来、月間2,500メッセージのやり取りまで、でしたが、今後は、月間500対話まで、になったそうです。

おそらく、複数メッセージやり取りのまとまりを「1対話」と見なすのでしょう。



割と勢いもあるらしい

つい先日、「資金調達ラウンドで760万ドルを獲得した」らしく、今、割と勢いもあるらしいです。

メッセージングアプリとウェブをつなぐ「チャット・クラウド」Smoochが760万ドルを獲得

ので、試しに乗っかってみるのは手でしょう。

Slaaskが有料化してしまって他の代替サービスも今のところこのSmoochくらいしか見当たらないですし。

日本でユーザが増えて、色々と情報が出回るといいなと思います。