JavaScript
Node.js
twilio
TwilioDay 19

【Twilio超入門】Twilioを使用して固定電話や携帯電話へ"ロボット音声"電話を送る方法


Twilioとは

簡単に言えば音声ロボットを作って

そのロボットに電話を任せることが出来ます。

"宅配便の再配達"電話等の

ロボットによる電話サービスを作れます。


参考URL

Programmable Voice クイックスタート for Node.js


コマンドプロンプトの実行手順(上記URL参考)

今回はWindowsで使用します。


command_prompt (node.jsのバージョンを確認)

C:\WINDOWS\system32>node –version

v8.11.4


command_prompt (パスを変更)

C:\WINDOWS\system32>cd C:\Users\wafuu\Desktop\node



command_prompt (twilioをインストール)

C:\Users\wafuu\Desktop\node>npm install twilio

npm WARN deprecated scmp@0.0.3: scmp v2 uses improved core crypto comparison since Node v6.6.0
npm WARN saveError ENOENT: no such file or directory, open 'C:\Users\wafuu\Desktop\node\package.json'
npm notice created a lockfile as package-lock.json. You should commit this file.
npm WARN enoent ENOENT: no such file or directory, open 'C:\Users\wafuu\Desktop\node\package.json'
npm WARN node No description
npm WARN node No repository field.
npm WARN node No README data
npm WARN node No license field.

+ twilio@3.24.0
added 81 packages in 7.55s



command_prompt (make_call.jsを実行)


C:\Users\wafuu\Desktop\node>node make_call.js
CA6f152f91422b4d3cbb32c899cc24c94d

C:\Users\wafuu\Desktop\node>



make_call.jsの中身


make_call.js

// Download the helper library from https://jp.twilio.com/docs/node/install

// Your Account Sid and Auth Token from twilio.com/console
const accountSid = 'AC〇〇'; // 変更箇所
const authToken = '〇〇'; // 変更箇所
const client = require('twilio')(accountSid, authToken);

client.calls
.create({
url: 'http://demo.twilio.com/docs/voice.xml', // 通話で実行するURL
to: '+81〇〇', // かける電話番号
from: '+81〇〇' // サービスに登録した電話番号
})
.then(call => console.log(call.sid))
.done();


このコードはC:\Users\wafuu\Desktop\nodeフォルダの中に置いてある。

このコードを実行すると登録した電話番号に電話がかかる。


voice.xmlの中身


voice.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Response>
<Say voice="alice">Thanks for trying our documentation. Enjoy!</Say>
<Play>http://demo.twilio.com/docs/classic.mp3</Play>
</Response>

かかってきた電話に出ると、

classic.mp3が再生される(音声ファイル)

以上、導入方法でした。