Edited at

Gutenberg 非推奨項目和訳 [v5.5.0現在]

このページは Gutenberg Handbook の Deprecations ページを和訳したものです。


非推奨項目

Gutenbergプラグインの機能の非推奨ポリシーでは、2つマイナープラグインリリースの下位互換性をサポートすることを目的としています。WordPress の安定版リリースに含まれる機能とコードは、この廃止予定表には含まれておらず、代わりに WordPress プロジェクトのバージョン管理ポリシー の対象となります。 現在の非推奨項目を以下にリストし、それらが完全に削除されるバージョンでグループ化しています。プラグインがこれらの動作に依存している場合、記載されているバージョンの前に推奨される代替手段に更新する必要があります。


5.5.0


  • PHP 関数 gutenberg_init を削除。

  • PHP 関数 is_gutenberg_page を削除。WP_Screen::is_block_editor を使用してください。

  • PHP 関数 the_gutenberg_project を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_default_post_format_template を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_get_available_image_sizes を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_get_autosave_newer_than_post_save を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_editor_scripts_and_styles を削除。


5.4.0


  • PHP 関数 gutenberg_load_plugin_textdomain を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_get_jed_locale_data を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_load_locale_data を削除。


5.3.0


  • PHP 関数 gutenberg_redirect_to_classic_editor_when_saving_posts を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_revisions_link_to_editor を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_remember_classic_editor_when_saving_posts を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_can_edit_post_type を削除。use_block_editor_for_post_type を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_can_edit_post を削除。use_block_editor_for_post を使用してください。


5.2.0


  • PHP 関数 gutenberg_parse_blocks を削除。parse_blocks を使用してください。

  • PHP 関数 get_dynamic_blocks_regex を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_render_block を削除。render_block を使用してください。

  • PHP 関数 strip_dynamic_blocks を削除。抜粋文の用意にはexcerpt_remove_blocks を使用してください。

  • PHP 関数 strip_dynamic_blocks_add_filter を削除。

  • PHP 関数 strip_dynamic_blocks_remove_filter を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_post_has_blocks を削除。has_blocks を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_content_has_blocks を削除。has_blocks を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_register_rest_routes を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_taxonomy_visibility_field を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_get_taxonomy_visibility_data を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_permalink_template_to_posts を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_block_format_to_post_content を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_target_schema_to_links を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_register_post_prepare_functions を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_silence_rest_errors を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_filter_post_type_labels を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_preload_api_request を削除。rest_preload_api_request を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_remove_wpcom_markdown_support を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_gutenberg_post_state を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_bulk_post_updated_messages を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_kses_allowedtags を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_responsive_body_class を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_edit_link_filters を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_edit_link を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_block_bulk_actions を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_replace_default_add_new_button を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_content_block_version を削除。block_version を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_get_block_categories を削除。get_block_categories を使用してください。

  • PHP 関数 register_tinymce_scripts を削除。wp_register_tinymce_scripts を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_register_post_types を削除。


  • gutenberg テーマのサポートオプションを削除。align-wide を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_prepare_blocks_for_js を削除。get_block_editor_server_block_settings を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_load_list_reusable_blocks を削除。

  • PHP 関数 _gutenberg_utf8_split を削除。_mb_substr を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_disable_editor_settings_wpautop を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_add_rest_nonce_to_heartbeat_response_headers を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_check_if_classic_needs_warning_about_blocks を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_warn_classic_about_blocks を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_show_privacy_policy_help_text を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_common_scripts_and_styles を削除。wp_common_block_scripts_and_styles を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_enqueue_registered_block_scripts_and_styles を削除。wp_enqueue_registered_block_scripts_and_styles を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_meta_box_save` を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_meta_box_save_redirect を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_filter_meta_boxes を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_intercept_meta_box_render を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_override_meta_box_callback を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_show_meta_box_warning を削除。

  • PHP 関数 the_gutenberg_metaboxes を削除。the_block_editor_meta_boxes を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_meta_box_post_form_hidden_fields を削除。the_block_editor_meta_box_post_form_hidden_fields を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_toggle_custom_fields を削除。

  • PHP 関数 gutenberg_collect_meta_box_data を削除。register_and_do_post_meta_boxes を使用してください。


  • window._wpLoadGutenbergEditor を削除。window._wpLoadBlockEditor を使用してください。注意: これはプライベート API です。パブリックな使用を想定していません。将来的に削除される可能性があります。

  • PHP 関数 gutenberg_get_script_polyfill を削除。wp_get_script_polyfill を使用してください。

  • PHP 関数 gutenberg_add_admin_body_class を削除。スタイルシートでブロックエディタ画面をスコープにする場合、.block-editor-page クラスをセレクタとして使用してください。


4.5.0


  • 包含する Popover が自動でリフレッシュされるため、Dropdown.refresh() を廃止。


  • wp.editor.PostPublishPanelToggle を廃止。wp.editor.PostPublishButton を使用してください。


4.4.0



  • wp.date.getSettings を削除。wp.date.__experimentalGetSettings を使用してください。


  • wp.compose.remountOnPropChange を削除。

  • 以下のエディタ用保存アクションを削除: createNotice, removeNotice, createSuccessNotice, createInfoNotice, createErrorNotice, createWarningNotice@wordpress/notices モジュールからの同名のアクションを使用してください。


  • wp.nux.DotTipid プロパティを削除。tipId プロパティを使用してください。


  • wp.blocks.isValidBlock を削除。wp.blocks.isValidBlockContent を使用してください。変数の順序が変更されたので注意してください。


  • wp.data registry.registerReducer を廃止。registry.registerStore を使用してください。


  • wp.data registry.registerSelectors を廃止。registry.registerStore を使用してください。


  • wp.data registry.registerActions を廃止。registry.registerStore を使用してください。


  • wp.data registry.registerResolvers を廃止。registry.registerStore を使用してください。

  • データモジュールのパブリック API から moment を削除。


4.3.0


  • セレクタ isEditorSidebarPanelOpened (core/edit-post) を削除。isEditorPanelEnabled を使用してください。

  • アクション toggleGeneralSidebarEditorPanel (core/edit-post) を削除。toggleEditorPanelOpened を使用してください。

  • コンポーネント wp.components.PanelColor を削除。wp.editor.PanelColorSettings を使用してください。

  • コンポーネント wp.editor.PanelColor を削除。wp.editor.PanelColorSettings を使用してください。


4.2.0


  • 非同期ジェネレータとしてリゾルバの書き込みを削除。コントロールプラグインを使用してください。

  • コンポーネント wp.components.AccessibleSVG を削除。wp.components.SVG を使用してください。


  • wp.editor.UnsavedChangesWarning コンポーネントから forceIsDirty プロパティを削除。

  • アクション setActiveMetaBoxLocations (core/edit-post) を削除。

  • アクション initializeMetaBoxState (core/edit-post) を削除。


  • wp.editPost.initializeEditor がオブジェクトを返さないように変更。既存オブジェクトの initializeMetaBoxes 関数の代わりに、setActiveMetaBoxLocations アクション (core/edit-post) を使用してください。

  • アクション setMetaBoxSavedData (core/edit-post) を削除。

  • セレクタ getMetaBoxes (core/edit-post) を削除。 getActiveMetaBoxLocationsセレクタ (core/edit-post) を使用してください。

  • セレクタ getMetaBox (core/edit-post) を削除。 isMetaBoxLocationActive セレクタ (core/edit-post) を使用してください。

  • 属性型指定の強制を解除。シリアル化されたコメントの境界設定により、ソースを省略して型を保持します。

  • オブジェクトの mediaDetailswp.editor.mediaUploadonFileChange コールバックに渡されます。 代わりに media_details プロパティを使用してください。


  • wp.components.CodeEditor を削除。 Used wp.codeEditor directly instead.


  • wp.blocks.setUnknownTypeHandlerName を削除。setFreeformContentHandlerName and setUnregisteredTypeHandlerName を使用してください。


  • wp.blocks.getUnknownTypeHandlerName を削除。getFreeformContentHandlerName and getUnregisteredTypeHandlerName を使用してください。

  • Reusable Blocks Data API は、将来変更される可能性があるため、実験的とマークされました。


4.1.0



  • wp.data.dispatch( 'core/editor' ).checkTemplateValidity を削除。ブロックのリセット時に自動で有効性を検証。


4.0.0



  • wp.editor.RichTextProvider を削除。 wp.data.select( 'core/editor' ) メソッドを使用してください。

  • DOM ノードのドラッグハンドラとしての wp.components.Draggable は削除されました。DOM ノードのドラッグハンドラのラップコンポーネントには wp.components.Draggable を使用してください。


  • wp.i18n.getI18n を削除。__, _x, _n, _nx を使用してください。


  • wp.i18n.dcnpgettext を削除。__, _x, _n, _nx を使用してください。


3.9.0


  • RichText の getSettings プロパティを削除。継続的な使用が必要な場合は、 unstableGetSettings プロパティを使用できます。不安定な API は使用しないことを強くお勧めします。また、予告なく削除される場合があります。

  • RichText の onSetup プロパティを削除。継続的な使用が必要な場合は、 unstableOnSetupプロパティを使用できます。不安定な API は使用しないことを強くお勧めします。また、予告なく削除される場合があります。


  • wp.editor.getColorName を削除。wp.editor.getColorObjectByColorValue を使用してください。


  • wp.editor.getColorClass を削除。wp.editor.getColorClassName を使用してください。


  • wp.editor.withColors が返すカラーオブジェクトの value プロパティを削除。色のプロパティを使用してください。

  • Subheading ブロックを削除。代わりに Paragraph ブロックを使用してください。


  • wp.blocks.getDefaultBlockForPostFormat を削除。


3.8.0



  • wp.components.withContext を削除。wp.element.createContext を使用してください。 See: https://reactjs.org/docs/context.html.


  • wp.coreBlocks.registerCoreBlocks を削除。wp.blockLibrary.registerCoreBlocks を使用してください。

  • コンポーネント wp.editor.DocumentTitle を削除。

  • セレクタ getDocumentTitle (core/editor) を削除。


3.7.0



  • wp.components.withAPIData を削除。コアデータモジュール、または wp.apiFetch を直接使用してください。


  • wp.data.dispatch("core").receiveTerms を廃止。wp.data.dispatch("core").receiveEntityRecords を使用してください。


  • getCategories リゾルバを廃止。getEntityRecords リゾルバを使用してください。


  • wp.data.select("core").getTerms を廃止。wp.data.select("core").getEntityRecords を使用してください。


  • wp.data.select("core").getCategories を廃止。wp.data.select("core").getEntityRecords を使用してください。


  • wp.data.select("core").isRequestingCategories を廃止。wp.data.select("core/data").isResolving を使用してください。


  • wp.data.select("core").isRequestingTerms を廃止。wp.data.select("core").isResolving を使用してください。


  • wp.data.restrictPersistencewp.data.setPersistenceStoragewp.data.setupPersistence を削除。データパーシステンスプラグインを使用してください。


3.6.0



  • wp.editor.editorMediaUpload を削除。wp.editor.mediaUpload を使用してください。


  • wp.utils.getMimeTypesArray を削除。


  • wp.utils.mediaUpload を削除。wp.editor.mediaUpload を使用してください。


  • wp.utils.preloadImage を削除。


  • supports.wideAlign を削除。from the Block API. supports.alignWide を使用してください。


  • wp.blocks.isSharedBlock を削除。wp.blocks.isReusableBlock を使用してください。

  • アクション fetchSharedBlocks (core/editor) を削除。fetchReusableBlocks を使用してください。

  • アクション receiveSharedBlocks (core/editor) を削除。receiveReusableBlocks を使用してください。

  • アクション saveSharedBlock (core/editor) を削除。saveReusableBlock を使用してください。

  • アクション deleteSharedBlock (core/editor) を削除。deleteReusableBlock を使用してください。

  • アクション updateSharedBlockTitle (core/editor) を削除。updateReusableBlockTitle を使用してください。

  • アクション convertBlockToSaved (core/editor) を削除。convertBlockToReusable を使用してください。

  • セレクタ getSharedBlock (core/editor) を削除。getReusableBlock を使用してください。

  • セレクタ isSavingSharedBlock (core/editor) を削除。isSavingReusableBlock を使用してください。

  • セレクタ isFetchingSharedBlock (core/editor) を削除。isFetchingReusableBlock を使用してください。

  • セレクタ getSharedBlocks (core/editor) を削除。getReusableBlocks を使用してください。


3.5.0



  • wp.components.ifCondition を削除。wp.compose.ifCondition を使用してください。


  • wp.components.withGlobalEvents を削除。wp.compose.withGlobalEvents を使用してください。


  • wp.components.withInstanceId を削除。wp.compose.withInstanceId を使用してください。


  • wp.components.withSafeTimeout を削除。wp.compose.withSafeTimeout を使用してください。


  • wp.components.withState を削除。wp.compose.withState を使用してください。


  • wp.element.pure を削除。wp.compose.pure を使用してください。


  • wp.element.compose を削除。wp.compose.compose を使用してください。


  • wp.element.createHigherOrderComponent を削除。wp.compose.createHigherOrderComponent を使用してください。


  • wp.utils.buildTermsTree を削除。


  • wp.utils.decodeEntities を削除。wp.htmlEntities.decodeEntities を使用してください。

  • ブロックの uid への全ての参照を、同等のプロパティと clientId のセレクタに置き換え。


  • wp.editor.MediaPlaceholder コンポーネントの onSelectUrl プロパティを onSelectURL に改名。


  • wp.editor.UrlInput コンポーネントを wp.editor.URLInput に改名。

  • Text Columns ブロックを削除。Columns ブロックを使用してください。


  • InnerBlocks のグループレイアウトを削除。代わりに、中間でネストした内部ブロックを使用してください。Columns / Columnn ブロックを実装例として参照してください。


  • RichText の明示的な element フォーマットを削除。互換性のある children フォーマットを使用してください。


3.4.0



  • Popover コンポーネントの focusOnMount プロパティは、Boolean 型のみから、"firstElement""container"false を受け入れる列挙型のプロパティに変更されました。 <Popover focusOnMount /> の使用箇所を <Popover focusOnMount="firstElement" /> に変更してください。

  • -wp.utils.keycodes ユーティリティは削除されました。 wp.keycodesを使用してください。


  • edit 関数のブロック id プロパティを削除。ブロックの clientId プロパティを使用してください。


  • property ソースが削除されました。 代わりに、同等の texthtml、または attribute ソース、またはコメント属性を使用してください。


3.3.0



  • useOnce: true を Block API から削除。supports.multiple: false を使用してください。


  • componentWillMount ライフサイクルメソッドを使用したコンポーネントののシリアル化。代わりにコンストラクタを使用してください。


  • blocks.Autocomplete.completers フィルタを削除。editor.Autocomplete.completers を使用してください。


  • blocks.BlockEdit フィルタを削除。editor.BlockEdit を使用してください。


  • blocks.BlockListBlock フィルタを削除。editor.BlockListBlock を使用してください。


  • blocks.MediaUpload フィルタを削除。editor.MediaUpload を使用してください。


3.2.0



  • wp.data.withRehydratationwp.data.withRehydration に改名。

  • The wp.editor.ImagePlaceholder コンポーネントを削除。wp.editor.MediaPlaceholder を使用してください。


  • wp.utils.deprecated 関数を削除。wp.deprecated を使用してください。


  • wp.utils.blob を削除。wp.blob を使用してください。


  • getInserterItems: allowedBlockTypes 引数を削除。parentUID 引数を追加。


  • getFrecentInserterItems セレクタを削除。getInserterItems を使用してください。


  • getSupportedBlocks セレクタを削除。canInsertBlockType を使用してください。


3.1.0



  • wp.blocks.* の全部ブロックを削除。wp.editor.* を使用してください。


  • wp.blocks.withEditorSettings を削除。エディタ設定 wp.data.select( "core/editor" ).getEditorSettings() にアクセスするデータモジュールを使用してください。


  • wp.utils.* の全 DOM ユニットを削除。wp.dom.* を使用してください。


  • isPrivate: true を Block API から削除。supports.inserter: false を使用してください。


  • wp.utils.isExtraSmall 関数を削除。wp.viewport モジュールを使用してください。


  • getEditedPostExcerpt (core/editor) を削除。getEditedPostAttribute( 'excerpt' ) を使用してください。


3.0.0



  • wp.blocks.registerCoreBlocks 関数を削除。wp.coreBlocks.registerCoreBlocks を使用してください。


  • RichText での TinyMCE のRAWイベントハンドラを廃止。代わりに、documented props 、先祖イベントハンドラ、内部エディタインスタスイベントへの onSetup アクセスを使用してください。


2.8.0



  • wp.components.Autocomplete のオリジナルな autocompleter インタフェース を更新。最新版の autocompleter インタフェース を使用してください。詳しくは autocomplete を参照。


  • getInserterItems: allowedBlockTypes 引数を必須に設定。


  • getFrecentInserterItems: allowedBlockTypes 引数を必須に設定。


2.7.0



  • wp.element.getWrapperDisplayName 関数を削除。wp.element.createHigherOrderComponent を使用してください。


2.6.0



  • wp.blocks.getBlockDefaultClassname 関数を削除。wp.blocks.getBlockDefaultClassNameを使用してください。


  • wp.blocks.Editable コンポーネントを削除。wp.blocks.RichText を使用してください。


2.5.0


  • ブロックの save から生のHTMLを返すのを廃止。wp.element.RawHTML コンポーネントのを使用してください。


  • wp.data.query 高次コンポーネントを削除。wp.data.withSelect を使用してください。


2.4.0



  • wp.blocks.BlockDescription を削除。プロックプロパティ description を代わりに使用してください。


  • wp.blocks.InspectorControls.* コンポーネントを削除。wp.components.* コンポーネントを使用してください。


  • wp.blocks.source.* に該当するものを削除。属性宣言を使用してください。詳しくは block attributes を参照。


  • wp.data.select( 'selector', ...args ) を削除。wp.data.select( reducerKey' ).* を使用してください。


  • wp.blocks.MediaUploadButton コンポーネントを削除。wp.blocks.MediaUpload コンポーネントを使用してください。