Help us understand the problem. What is going on with this article?

Gutenberg 非推奨項目和訳 [v5.5.0現在]

More than 1 year has passed since last update.

このページは Gutenberg Handbook の Deprecations ページを和訳したものです。

非推奨項目

Gutenbergプラグインの機能の非推奨ポリシーでは、2つマイナープラグインリリースの下位互換性をサポートすることを目的としています。WordPress の安定版リリースに含まれる機能とコードは、この廃止予定表には含まれておらず、代わりに WordPress プロジェクトのバージョン管理ポリシー の対象となります。 現在の非推奨項目を以下にリストし、それらが完全に削除されるバージョンでグループ化しています。プラグインがこれらの動作に依存している場合、記載されているバージョンの前に推奨される代替手段に更新する必要があります。

5.5.0

  • PHP 関数 gutenberg_init を削除。
  • PHP 関数 is_gutenberg_page を削除。WP_Screen::is_block_editor を使用してください。
  • PHP 関数 the_gutenberg_project を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_default_post_format_template を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_get_available_image_sizes を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_get_autosave_newer_than_post_save を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_editor_scripts_and_styles を削除。

5.4.0

  • PHP 関数 gutenberg_load_plugin_textdomain を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_get_jed_locale_data を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_load_locale_data を削除。

5.3.0

  • PHP 関数 gutenberg_redirect_to_classic_editor_when_saving_posts を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_revisions_link_to_editor を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_remember_classic_editor_when_saving_posts を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_can_edit_post_type を削除。use_block_editor_for_post_type を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_can_edit_post を削除。use_block_editor_for_post を使用してください。

5.2.0

  • PHP 関数 gutenberg_parse_blocks を削除。parse_blocks を使用してください。
  • PHP 関数 get_dynamic_blocks_regex を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_render_block を削除。render_block を使用してください。
  • PHP 関数 strip_dynamic_blocks を削除。抜粋文の用意にはexcerpt_remove_blocks を使用してください。
  • PHP 関数 strip_dynamic_blocks_add_filter を削除。
  • PHP 関数 strip_dynamic_blocks_remove_filter を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_post_has_blocks を削除。has_blocks を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_content_has_blocks を削除。has_blocks を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_register_rest_routes を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_taxonomy_visibility_field を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_get_taxonomy_visibility_data を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_permalink_template_to_posts を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_block_format_to_post_content を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_target_schema_to_links を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_register_post_prepare_functions を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_silence_rest_errors を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_filter_post_type_labels を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_preload_api_request を削除。rest_preload_api_request を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_remove_wpcom_markdown_support を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_gutenberg_post_state を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_bulk_post_updated_messages を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_kses_allowedtags を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_responsive_body_class を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_edit_link_filters を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_edit_link を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_block_bulk_actions を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_replace_default_add_new_button を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_content_block_version を削除。block_version を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_get_block_categories を削除。get_block_categories を使用してください。
  • PHP 関数 register_tinymce_scripts を削除。wp_register_tinymce_scripts を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_register_post_types を削除。
  • gutenberg テーマのサポートオプションを削除。align-wide を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_prepare_blocks_for_js を削除。get_block_editor_server_block_settings を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_load_list_reusable_blocks を削除。
  • PHP 関数 _gutenberg_utf8_split を削除。_mb_substr を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_disable_editor_settings_wpautop を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_add_rest_nonce_to_heartbeat_response_headers を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_check_if_classic_needs_warning_about_blocks を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_warn_classic_about_blocks を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_show_privacy_policy_help_text を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_common_scripts_and_styles を削除。wp_common_block_scripts_and_styles を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_enqueue_registered_block_scripts_and_styles を削除。wp_enqueue_registered_block_scripts_and_styles を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_meta_box_save` を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_meta_box_save_redirect を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_filter_meta_boxes を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_intercept_meta_box_render を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_override_meta_box_callback を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_show_meta_box_warning を削除。
  • PHP 関数 the_gutenberg_metaboxes を削除。the_block_editor_meta_boxes を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_meta_box_post_form_hidden_fields を削除。the_block_editor_meta_box_post_form_hidden_fields を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_toggle_custom_fields を削除。
  • PHP 関数 gutenberg_collect_meta_box_data を削除。register_and_do_post_meta_boxes を使用してください。
  • window._wpLoadGutenbergEditor を削除。window._wpLoadBlockEditor を使用してください。注意: これはプライベート API です。パブリックな使用を想定していません。将来的に削除される可能性があります。
  • PHP 関数 gutenberg_get_script_polyfill を削除。wp_get_script_polyfill を使用してください。
  • PHP 関数 gutenberg_add_admin_body_class を削除。スタイルシートでブロックエディタ画面をスコープにする場合、.block-editor-page クラスをセレクタとして使用してください。

4.5.0

  • 包含する Popover が自動でリフレッシュされるため、Dropdown.refresh() を廃止。
  • wp.editor.PostPublishPanelToggle を廃止。wp.editor.PostPublishButton を使用してください。

4.4.0

  • wp.date.getSettings を削除。wp.date.__experimentalGetSettings を使用してください。
  • wp.compose.remountOnPropChange を削除。
  • 以下のエディタ用保存アクションを削除: createNotice, removeNotice, createSuccessNotice, createInfoNotice, createErrorNotice, createWarningNotice@wordpress/notices モジュールからの同名のアクションを使用してください。
  • wp.nux.DotTipid プロパティを削除。tipId プロパティを使用してください。
  • wp.blocks.isValidBlock を削除。wp.blocks.isValidBlockContent を使用してください。変数の順序が変更されたので注意してください。
  • wp.data registry.registerReducer を廃止。registry.registerStore を使用してください。
  • wp.data registry.registerSelectors を廃止。registry.registerStore を使用してください。
  • wp.data registry.registerActions を廃止。registry.registerStore を使用してください。
  • wp.data registry.registerResolvers を廃止。registry.registerStore を使用してください。
  • データモジュールのパブリック API から moment を削除。

4.3.0

  • セレクタ isEditorSidebarPanelOpened (core/edit-post) を削除。isEditorPanelEnabled を使用してください。
  • アクション toggleGeneralSidebarEditorPanel (core/edit-post) を削除。toggleEditorPanelOpened を使用してください。
  • コンポーネント wp.components.PanelColor を削除。wp.editor.PanelColorSettings を使用してください。
  • コンポーネント wp.editor.PanelColor を削除。wp.editor.PanelColorSettings を使用してください。

4.2.0

  • 非同期ジェネレータとしてリゾルバの書き込みを削除。コントロールプラグインを使用してください。
  • コンポーネント wp.components.AccessibleSVG を削除。wp.components.SVG を使用してください。
  • wp.editor.UnsavedChangesWarning コンポーネントから forceIsDirty プロパティを削除。
  • アクション setActiveMetaBoxLocations (core/edit-post) を削除。
  • アクション initializeMetaBoxState (core/edit-post) を削除。
  • wp.editPost.initializeEditor がオブジェクトを返さないように変更。既存オブジェクトの initializeMetaBoxes 関数の代わりに、setActiveMetaBoxLocations アクション (core/edit-post) を使用してください。
  • アクション setMetaBoxSavedData (core/edit-post) を削除。
  • セレクタ getMetaBoxes (core/edit-post) を削除。 getActiveMetaBoxLocationsセレクタ (core/edit-post) を使用してください。
  • セレクタ getMetaBox (core/edit-post) を削除。 isMetaBoxLocationActive セレクタ (core/edit-post) を使用してください。
  • 属性型指定の強制を解除。シリアル化されたコメントの境界設定により、ソースを省略して型を保持します。
  • オブジェクトの mediaDetailswp.editor.mediaUploadonFileChange コールバックに渡されます。 代わりに media_details プロパティを使用してください。
  • wp.components.CodeEditor を削除。 Used wp.codeEditor directly instead.
  • wp.blocks.setUnknownTypeHandlerName を削除。setFreeformContentHandlerName and setUnregisteredTypeHandlerName を使用してください。
  • wp.blocks.getUnknownTypeHandlerName を削除。getFreeformContentHandlerName and getUnregisteredTypeHandlerName を使用してください。
  • Reusable Blocks Data API は、将来変更される可能性があるため、実験的とマークされました。

4.1.0

  • wp.data.dispatch( 'core/editor' ).checkTemplateValidity を削除。ブロックのリセット時に自動で有効性を検証。

4.0.0

  • wp.editor.RichTextProvider を削除。 wp.data.select( 'core/editor' ) メソッドを使用してください。
  • DOM ノードのドラッグハンドラとしての wp.components.Draggable は削除されました。DOM ノードのドラッグハンドラのラップコンポーネントには wp.components.Draggable を使用してください。
  • wp.i18n.getI18n を削除。__, _x, _n, _nx を使用してください。
  • wp.i18n.dcnpgettext を削除。__, _x, _n, _nx を使用してください。

3.9.0

  • RichText の getSettings プロパティを削除。継続的な使用が必要な場合は、 unstableGetSettings プロパティを使用できます。不安定な API は使用しないことを強くお勧めします。また、予告なく削除される場合があります。
  • RichText の onSetup プロパティを削除。継続的な使用が必要な場合は、 unstableOnSetupプロパティを使用できます。不安定な API は使用しないことを強くお勧めします。また、予告なく削除される場合があります。
  • wp.editor.getColorName を削除。wp.editor.getColorObjectByColorValue を使用してください。
  • wp.editor.getColorClass を削除。wp.editor.getColorClassName を使用してください。
  • wp.editor.withColors が返すカラーオブジェクトの value プロパティを削除。色のプロパティを使用してください。
  • Subheading ブロックを削除。代わりに Paragraph ブロックを使用してください。
  • wp.blocks.getDefaultBlockForPostFormat を削除。

3.8.0

  • wp.components.withContext を削除。wp.element.createContext を使用してください。 See: https://reactjs.org/docs/context.html.
  • wp.coreBlocks.registerCoreBlocks を削除。wp.blockLibrary.registerCoreBlocks を使用してください。
  • コンポーネント wp.editor.DocumentTitle を削除。
  • セレクタ getDocumentTitle (core/editor) を削除。

3.7.0

  • wp.components.withAPIData を削除。コアデータモジュール、または wp.apiFetch を直接使用してください。
  • wp.data.dispatch("core").receiveTerms を廃止。wp.data.dispatch("core").receiveEntityRecords を使用してください。
  • getCategories リゾルバを廃止。getEntityRecords リゾルバを使用してください。
  • wp.data.select("core").getTerms を廃止。wp.data.select("core").getEntityRecords を使用してください。
  • wp.data.select("core").getCategories を廃止。wp.data.select("core").getEntityRecords を使用してください。
  • wp.data.select("core").isRequestingCategories を廃止。wp.data.select("core/data").isResolving を使用してください。
  • wp.data.select("core").isRequestingTerms を廃止。wp.data.select("core").isResolving を使用してください。
  • wp.data.restrictPersistencewp.data.setPersistenceStoragewp.data.setupPersistence を削除。データパーシステンスプラグインを使用してください。

3.6.0

  • wp.editor.editorMediaUpload を削除。wp.editor.mediaUpload を使用してください。
  • wp.utils.getMimeTypesArray を削除。
  • wp.utils.mediaUpload を削除。wp.editor.mediaUpload を使用してください。
  • wp.utils.preloadImage を削除。
  • supports.wideAlign を削除。from the Block API. supports.alignWide を使用してください。
  • wp.blocks.isSharedBlock を削除。wp.blocks.isReusableBlock を使用してください。
  • アクション fetchSharedBlocks (core/editor) を削除。fetchReusableBlocks を使用してください。
  • アクション receiveSharedBlocks (core/editor) を削除。receiveReusableBlocks を使用してください。
  • アクション saveSharedBlock (core/editor) を削除。saveReusableBlock を使用してください。
  • アクション deleteSharedBlock (core/editor) を削除。deleteReusableBlock を使用してください。
  • アクション updateSharedBlockTitle (core/editor) を削除。updateReusableBlockTitle を使用してください。
  • アクション convertBlockToSaved (core/editor) を削除。convertBlockToReusable を使用してください。
  • セレクタ getSharedBlock (core/editor) を削除。getReusableBlock を使用してください。
  • セレクタ isSavingSharedBlock (core/editor) を削除。isSavingReusableBlock を使用してください。
  • セレクタ isFetchingSharedBlock (core/editor) を削除。isFetchingReusableBlock を使用してください。
  • セレクタ getSharedBlocks (core/editor) を削除。getReusableBlocks を使用してください。

3.5.0

  • wp.components.ifCondition を削除。wp.compose.ifCondition を使用してください。
  • wp.components.withGlobalEvents を削除。wp.compose.withGlobalEvents を使用してください。
  • wp.components.withInstanceId を削除。wp.compose.withInstanceId を使用してください。
  • wp.components.withSafeTimeout を削除。wp.compose.withSafeTimeout を使用してください。
  • wp.components.withState を削除。wp.compose.withState を使用してください。
  • wp.element.pure を削除。wp.compose.pure を使用してください。
  • wp.element.compose を削除。wp.compose.compose を使用してください。
  • wp.element.createHigherOrderComponent を削除。wp.compose.createHigherOrderComponent を使用してください。
  • wp.utils.buildTermsTree を削除。
  • wp.utils.decodeEntities を削除。wp.htmlEntities.decodeEntities を使用してください。
  • ブロックの uid への全ての参照を、同等のプロパティと clientId のセレクタに置き換え。
  • wp.editor.MediaPlaceholder コンポーネントの onSelectUrl プロパティを onSelectURL に改名。
  • wp.editor.UrlInput コンポーネントを wp.editor.URLInput に改名。
  • Text Columns ブロックを削除。Columns ブロックを使用してください。
  • InnerBlocks のグループレイアウトを削除。代わりに、中間でネストした内部ブロックを使用してください。Columns / Columnn ブロックを実装例として参照してください。
  • RichText の明示的な element フォーマットを削除。互換性のある children フォーマットを使用してください。

3.4.0

  • Popover コンポーネントの focusOnMount プロパティは、Boolean 型のみから、"firstElement""container"false を受け入れる列挙型のプロパティに変更されました。 <Popover focusOnMount /> の使用箇所を <Popover focusOnMount="firstElement" /> に変更してください。
  • -wp.utils.keycodes ユーティリティは削除されました。 wp.keycodesを使用してください。
  • edit 関数のブロック id プロパティを削除。ブロックの clientId プロパティを使用してください。
  • property ソースが削除されました。 代わりに、同等の texthtml、または attribute ソース、またはコメント属性を使用してください。

3.3.0

  • useOnce: true を Block API から削除。supports.multiple: false を使用してください。
  • componentWillMount ライフサイクルメソッドを使用したコンポーネントののシリアル化。代わりにコンストラクタを使用してください。
  • blocks.Autocomplete.completers フィルタを削除。editor.Autocomplete.completers を使用してください。
  • blocks.BlockEdit フィルタを削除。editor.BlockEdit を使用してください。
  • blocks.BlockListBlock フィルタを削除。editor.BlockListBlock を使用してください。
  • blocks.MediaUpload フィルタを削除。editor.MediaUpload を使用してください。

3.2.0

  • wp.data.withRehydratationwp.data.withRehydration に改名。
  • The wp.editor.ImagePlaceholder コンポーネントを削除。wp.editor.MediaPlaceholder を使用してください。
  • wp.utils.deprecated 関数を削除。wp.deprecated を使用してください。
  • wp.utils.blob を削除。wp.blob を使用してください。
  • getInserterItems: allowedBlockTypes 引数を削除。parentUID 引数を追加。
  • getFrecentInserterItems セレクタを削除。getInserterItems を使用してください。
  • getSupportedBlocks セレクタを削除。canInsertBlockType を使用してください。

3.1.0

  • wp.blocks.* の全部ブロックを削除。wp.editor.* を使用してください。
  • wp.blocks.withEditorSettings を削除。エディタ設定 wp.data.select( "core/editor" ).getEditorSettings() にアクセスするデータモジュールを使用してください。
  • wp.utils.* の全 DOM ユニットを削除。wp.dom.* を使用してください。
  • isPrivate: true を Block API から削除。supports.inserter: false を使用してください。
  • wp.utils.isExtraSmall 関数を削除。wp.viewport モジュールを使用してください。
  • getEditedPostExcerpt (core/editor) を削除。getEditedPostAttribute( 'excerpt' ) を使用してください。

3.0.0

  • wp.blocks.registerCoreBlocks 関数を削除。wp.coreBlocks.registerCoreBlocks を使用してください。
  • RichText での TinyMCE のRAWイベントハンドラを廃止。代わりに、documented props 、先祖イベントハンドラ、内部エディタインスタスイベントへの onSetup アクセスを使用してください。

2.8.0

  • wp.components.Autocomplete のオリジナルな autocompleter インタフェース を更新。最新版の autocompleter インタフェース を使用してください。詳しくは autocomplete を参照。
  • getInserterItems: allowedBlockTypes 引数を必須に設定。
  • getFrecentInserterItems: allowedBlockTypes 引数を必須に設定。

2.7.0

  • wp.element.getWrapperDisplayName 関数を削除。wp.element.createHigherOrderComponent を使用してください。

2.6.0

  • wp.blocks.getBlockDefaultClassname 関数を削除。wp.blocks.getBlockDefaultClassNameを使用してください。
  • wp.blocks.Editable コンポーネントを削除。wp.blocks.RichText を使用してください。

2.5.0

  • ブロックの save から生のHTMLを返すのを廃止。wp.element.RawHTML コンポーネントのを使用してください。
  • wp.data.query 高次コンポーネントを削除。wp.data.withSelect を使用してください。

2.4.0

  • wp.blocks.BlockDescription を削除。プロックプロパティ description を代わりに使用してください。
  • wp.blocks.InspectorControls.* コンポーネントを削除。wp.components.* コンポーネントを使用してください。
  • wp.blocks.source.* に該当するものを削除。属性宣言を使用してください。詳しくは block attributes を参照。
  • wp.data.select( 'selector', ...args ) を削除。wp.data.select( reducerKey' ).* を使用してください。
  • wp.blocks.MediaUploadButton コンポーネントを削除。wp.blocks.MediaUpload コンポーネントを使用してください。
Fujix
フリーのフロントエンドエンジニアです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away