1. Feel-Physics

    No comment

    Feel-Physics
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,65 +1,68 @@
久しぶりにやると完全に忘れているので備忘録。なお、この記事で扱うのはpingが通るところまでです。
#### /etc/hosts
名前を付ける:
```text:/etc/hosts
192.168.2.3 weed-raspbmc
```
hostsを反映させる:
```shell-session
$ dscacheutil -flushcache
```
#### ssh
raspbmcにsshするときはユーザはpiであることを設定する:
```text:.ssh/config
Host weed-raspbmc
User pi
Hostname 192.168.2.3
```
鍵を作って転送する等:
[ubuntu at u-aizu | SSHを使ってパスワードなしで接続](http://ubuntu.u-aizu.ac.jp/004/index.html)
ただし、鍵をRaspberry Piに送るには以下のようにする:
```shell-session
$ scp ~/.ssh/id_dsa.pub pi@192.168.2.3:~/
```
#### Ansible
MacにAnsibleを入れるやり方は以下の生地^H^H記事が丁寧です:
[Ansible使ってVagrantのゲストOSの構成管理する【Playbook: jenkins, node.js】 - yutaponのブログ](http://yutapon.hatenablog.com/entry/2014/04/08/102836)
無事Ansibleをインストールできたら、プロジェクトフォルダに**hosts**というファイルを作る:
```text:hosts
[servers]
weed-raspbmc
```
ここでIPアドレスを指定するとユーザpiでログインしてくれず、Ansibleが動かない。
最後にpingする:
```shell-session
$ ansible -i hosts servers -m ping
```
うまくいけば`pong`と返ってくる:
```
weed-raspbmc | success >> {
"changed": false,
"ping": "pong"
}
```
+
+---
+ブログやってます:[Weed software](http://weed.cocolog-nifty.com/wzero3es/)