AWSCloudRoadshow2017大阪

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪メモ

AWS Cloud Roadshowに行ってきたので、手書きメモを書き起こしてみました。間違っている箇所があれば、ご指摘お願いいたします。
【基調講演】クラウドで実現する IoT、ビッグデータ、AI の活用と最新事例は特にメモしていなかったので、飛ばします。

IoT with Amazon Web Services ~最新テクノロジーアップデート、AWS IoT と AWS Greengrass を中心に~

  • AWS Green glass… インターネットに接続されたデバイスでローカルのコンピューティング、メッセージング、データキャッシュ、同期を安全な方法で実行できるようにするソフトウェア
  • Java,Python,node.jsが使える

image

【ヤンマー】お客様サービスを変革するヤンマーの IoT 戦略 A SUSTAINABLE FUTURE ~テクノロジーで、新しい豊かさへ。~

  • 農業機械の盗難対策としてIoTでモニタリング
  • 使用場所の範囲や使用時間を閾値にし、位置情報や起動時間をモニタリングする。閾値を超えた場合は、お客様にアラートと電話がいく。
  • 2050年には世界人口は1.4倍になる →世界的に食糧不足になる→戦争
  • 一方で日本は2/3の人口になる →労働力の減少 →IoTでの効率化が必要

AWS で実現するデータレイクソリューション ~ AI, IoT, データ分析環境構築パターン ~

  • データ活用の考え方
  • AWSのサービスの使い方
  • 構築パターン

○各フェーズで必要なツールやリソースを確保する
○データの取得と整形
○可視化のためのSQLパイプライン処理

  • S3を中心としたデータレイク構成

image

  • AWS Athena… prestoベースの標準SQL
  • AWS Glue… フルマネージドのデータカタログ,ETLサービス
  • P2インスタンス+DeepLarningAMI

image

  • 直近のホットデータとコールドデータでアクセスの方法を変える 構成例

image

  • マルチノードパターン 構成例

image

  • ABテストパターン
    構成例
    Data→Route53 or Lambda@Edge →ELB →EC2 or ECS

  • データマネジメントパターン

  • カタログサーチパターン
    データだけでなくメタデータも

    これで安心!セキュリティとネットワーク ~ Getting Started with AWS Security and Networking ~

  • パブリックサブネット… インターネットに繋げる

  • プライベートサブネット… 繋げない

  • AWS Direct Connect… リモートネットワークからVPC専用のプライベート接続を提供する。インターネットに繋ぐのが怖い人向け。

image

  • IAMロール…ヘルメットに付箋(ポリシー)を張り付けるみたいなイメージ
  • EC2にIAMロールを被せる→他サービスにアクセスする
  • AWS Cloud TrailでAPIアクセスログをとれる!

使ってみよう!データベースとストレージ ~ Getting Started with AWS Database and Storage Services ~

image

  • セッションをどうする? →ELBにセッションスティッキーを持たす? →追加ユーザが対応できない ★スケーラブルにしたかったらサーバにデータを一切持たせない
  • バケットはそんなに作るものじゃない
  • キー毎にアクセス管理したければIAMで管理
  • S3バージョニングで論理削除から守れる
  • Glacier… 前もってデータを取り出す時が分かってる時に使う。バックアップには向いてない。
  • S3 IA… 低頻度で使用する場合に使う。取り出す時にS3よりちょっと高くなる。
  • SQL…RDS,Redshift
  • NoSQL…DynamoDB
  • RPJのマルチAZ配置(別のAZに同期的にレプリケートされる)
  • レプリケート… マスタデータの複製(レプリカ)を作成すること

サーバーレスアプリケーションの入門と実践

  • サーバレス…サーバの運用・管理が不要になること(バックグラウンドでは動いている)
  • サーバレスへの時代の流れ データセンタ上の物理サーバ⇒データセンタ上の仮想サーバ⇒クラウド上の仮想サーバ⇒サーバレス ○サーバレスに移行する時に考える事
  • 既存アプリを分解するか
  • どのようなコンポーネント群が通信するか?
  • 関数は何に反応するか?
  • 粒度  関数が多くてめんどくさくならないか?
  • 関数の多いアプリケーションはAWS SAMで解決
    SAM + Cloud Formation →Lambda

  • github/awslabs 便利

  • git-secret… 認証情報を公開しちゃうのを防いでくれるよ

  • chalice(Pythonのフレームワーク)

サーバレスの構成を考えるのがめんどくさい……

  • AWS Codestarを使えば数分で開発が開始できる!

AWS X Ray

  • 本番環境の分散アプリの分析とデバッグ
  • 問題の発見
  • リクエストをトレース→トレースを記録→サービスマップを表示→問題を分析

理解してほしかった事

  • AWSにおけるサーバレスとは
  • サーバレスのためのCI/CDパイプライン
  • SAMやCode系サービスを活用
  • Code star
  • 信頼性