Edited at

Windows Subsystem for LinuxをUbuntu 16.04にアップグレード

More than 1 year has passed since last update.

Windows Subsystem for Linux (WSL) は、Ubuntu 14.04 LTS がベースになっているので、リポジトリのソフトが全体的に古い。

将来的にはUbuntu 16.04へのアップデートも予定されているそうだが、待っていられないので無理やりアップグレードしてみる。


注意

現段階ではアップグレードによって不具合が生じる

環境を元に戻すにはWSLを再インストールするしかないそうなので注意。


やり方

1./etc/apt/sources.dを書き換える。

trustyをすべてxenialに書き換えればOK

2.sudo apt-get dist-upgradeを実行

30分くらいで終わる。

途中で「サービスを勝手に止めてよいか」とか「rcS.dを書き換えてよいか」などと聞かれるが、すべてそのままEnterキーを押せばよい。


不具合


sudoが使えなくなる

sudoを使おうとすると次のようなメッセージが出る。

sudo: 端末 (tty) が存在せず、パスワードを尋ねる (askpass) プログラムが指定されていません

sudo -Sで標準入力からパスワードを読み取るようにすればとりあえず使える。

(セキュリティ上どうなのかはわからない)


参考

http://darthnunix.blogspot.jp/2016/06/ubuntu-1604-on-ubuntu-on-windows-wsl.html

https://www.reddit.com/r/windowsinsiders/comments/4iy38n/upgrade_ubuntu_on_windows_from_1404_to_1604/