英語
音声合成
ツール
Anki
AwesomeTTS

Anki 上で AwesomeTTS を用いて Text to Speech を実装する


1. 概要

本記事は学習支援フリーソフトウェアである Anki 上でアドオンの AwesomeTTS を用いて Text to Speech を実装する手順を記述した記事である。


2. 環境情報

下記で行う作業は以下の環境下で行ったものである。


  • Antergos (Arch Linux)

  • Anki Ver.2.1.0beta29


3. 必要なパッケージをインストールする

Linux で Text to Speech を使用する場合は MPlayer が必要なので,以下のコマンドでインストールする(図 1)。

# pacman -S --noconfirm mplayer

図 1 MPlayer のインストールコマンド


4. AwesomeTTS をインストールする

以下の作業を行い,Anki 上に AwesomeTTS をインストールする。


  1. 「ツール」→「アドオン」をクリックし,アドオンの管理画面(図 2)を開く

  2. 「アドオンを取得する」をクリックし,アドオンのインストール画面(図 3)を開く

  3. Anki のバージョンが 2.0.x なら 301952613 を,2.1.x なら 900455869 を「コード」に入力する

  4. 「OK」ボタンをクリックする

  5. アドオンの管理画面を閉じる

  6. アドオンを反映させるために Anki を再起動させる

図 2 アドオンの管理画面

図 3 アドオンのインストール画面


5. ノートタイプをカスタマイズする

AwesomeTTS をインストールするだけでは Text to Speech は機能しないので,以下の作業でを行い,ノートタイプをカスタマイズする。


  1. 「ツール」→「ノートタイプを管理」をクリックし,ノートタイプの管理画面(図 4)を開く

  2. 任意のノートをクリックする

  3. 「カードタイプ」をクリックし,カードタイプ管理画面(図 5)を開く

  4. 「表面のテンプレート」に以下の TTS タグ(図 6)を書き込む

  5. 「裏面のテンプレート」に以下の TTS タグ(図 7)を書き込む

  6. カードタイプ管理画面の「閉じる」をクリックする

  7. ノートタイプの管理画面の「閉じる」をクリックする

図 4 ノートタイプの管理画面

図 5 カードタイプ管理画面(編集前)

<tts service="google" voice="en-US">{{Front}}</tts>

図 6 表面のテンプレート

<tts service="google" voice="en-US">{{FrontSide}}</tts>

<hr id=answer>

{{Back}}

図 7 裏面のテンプレート

図 8 カードタイプ管理画面(編集後)


6. まとめ

本記事の作業によって実装した Text to Speech の欠点として,オンライン状態でのみ機能するという点がある。そのため,オフライン状態で Anki を使用するユーザは注意が必要である。


参考資料