Help us understand the problem. What is going on with this article?

さくらのクラウドにRe:dashをインストールしてみた

More than 3 years have passed since last update.

Rebulid.fmでも話題に上がっていたデータ可視化のOSSのRe:dashを使ってみようと思ったのですが、意外とインストールが難しかったのでメモ書きを残しておきます。

Re:dash

今回はさくらのクラウドで提供されているUbuntu 16.04にインストールしてみました。

sudo apt -y update
sudo apt -y upgrade

sudo apt -y install libffi-dev

sudo apt -y install python-pip
sudo pip install --upgrade pip
sudo pip install flask-admin
sudo pip install peewee
sudo pip install wtf-peewee

git clone https://github.com/EverythingMe/redash.git
sudo bash redash/setup/ubuntu/bootstrap.sh

ちょっと時間がかかりますがインストールが完了後、IPアドレスに対してブラウザでアクセスするとRe:dashのログイン画面ができてます。
キャプチャ.PNG

環境が出来たのでこれを使って可視化にチャレンジしたいと思います

Dalice
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away