NetApp

【NetApp】Snapmirrorとは

More than 1 year has passed since last update.

いろいろな資料を見てみたので簡単にまとめてみます。

-


◯Snapmirrorとは…


  • レプリケーションやDRに最適なNetAppの機能

  • src側Volumeデータをdst側の別Volumeに対してデータコピーする(遠隔地も可)

  • 機能モードとしては、Volume(推奨)とqtreeの2種類

-


◯仕組み


  • volume snapirror は物理ブロックレベルで動作する

  • src側の全Snapshotを含むVolume全体のコンテンツとVolume全属性をそのままレプリケートする

  • srcとdstのONTAP version は同じまたは src側のメジャーバージョン以上である必要がある

-


◯動作


①ベースラインコピー(Base Snapshot)を作成


  • Volume内のsrcからdstにレプリケートしたもの

  • Base Snapshotのみ存在するケースで、Base Snapshotを削除してしまうと再度全同期となる


②定期的なレプリケーション


  • 手動でも同期することが可能

  • 一般的には、以下の3種類のモードを使用する


    • 非同期


      • src側で定期的にSnapshotコピーが作成される

      • 全快との差分のみがdst側に同期される



    • 同期


      • src側に変更が生じたら、即同期される



    • 半同期


      • 非同期と同期のようそを兼ね備えたモード





-


◯補足

snap autodelete機能は、Snapmirrorのsrc側にしか設定することができない

また、snap autodelete機能は接続形式に依存しないので、Snapmirrorの環境でも利用可能