Edited at

Vagrant コマンドラインインターフェース UP

More than 3 years have passed since last update.


UP


command: vagrant up

Vagrantfileの設定に従い、ゲストマシンを起動・セットアップする際に使うコマンド。

マシンがどのように起動するかを決める、Vagrantの中で最も重要なコマンドである。Vagrantを使う人なら誰でも頻繁に使うことになる。


オプション


--destroy-on-error / --no-destroy-on-error

新規に作られたマシンに致命的な想定外のエラーが発生した場合、それを破棄する。初回の「vagrant up」時のみ使用する。デフォルトでは破棄。

--install-provider / --no-install-provider

要求されたプロバイダがインストールされていない場合、Vagrantは自動的にそれをインストールする。デフォルトは自動的にインストール。

--parallel / --no-parallel

プロバイダがサポートしている場合、複数のマシンをパラレルで起動する。サポート状況は各プロバイダのドキュメントで要確認。

--provider ${x}

${x}プロバイダでマシンを起動する。デフォルトは「virtualbox」

--provision

プロビジョニングが走る。

--provision-with \${x},\${y},${z}

指定したプロビジョンのみ走る。例えば、「:shell」と「:chef_solo」がある場合、「vagrant provision --provision-with shell」を実行した場合、「shell」プロビジョンのみ走る。