Posted at

Linux超初心者メモ2

More than 1 year has passed since last update.

Linuxでコマンドを使えるようになりたい!と思った時に勉強したメモ。

引き続き、主な引用先は以下。

Linuxのシェルとコマンドプロンプトを理解しよう


そもそもGUIとCUI

コマンドラインを使う前に、超基礎のおさらい。

GUI(Graphical User Interface)

例えばファインダーでファイルの場所をクリックして開くというような、ウィンドウを表示してマウスで操作するスタイル。

CUI(Character User Interface)

キーボードでコマンド(command:命令)を入力し、その結果を文字で受け取るスタイル

CUIを使ってPCを操作するメリットは、遠隔地から操作しやすい、操作を自動化しやすいといったことがあげられる。


コマンドを使うためのシェル

シェルとは、「最も広い意味で捉えれば、コマンドを入力するためにユーザーが使用するプログラム」のことです(Wikipedia)。

シェルは“OSのインタフェースを受け持つソフトウェア”で、OSの中心部分(カーネル)を覆う“殻(shell)”をイメージさせるので、このように呼ばれています。ユーザーが入力するコマンドは、シェルを通して、コンピュータで実行されます。

shell.png

ユーザーはシェルを通じてOSにコマンドを送り、シェルを通じて結果を受け取ります。


Linuxで使うシェルの種類

Linuxで使用するシェルには大きく分けて、Bシェル系とCシェル系に区別できます。


Bシェル系

Bシェル系のshは、最も古くからあるシェルで、UNIX系システムには必ず搭載されているUNIXの標準シェル。shはシェルとしての基本機能しか持っていないので、拡張されたkshzshが開発された。現在は、より使いやすく発展されたbashがよく使われる。


Cシェル系

Cシェル系のcshは、バークレイ版UNIXの標準シェルで、C言語と同じような文法のシェルスクリプトを書けることが特徴である。現在は、Cシェルと完全な互換性を持ち、かつ機能が強化されたtcshがよく使われる。

ほとんどのLinuxディストリビューションで、インストール後デフォルトでbashが起動されます。