Windows
メモ
環境設定

設定ファイルなどをホームディレクトリ以外に置きたい

More than 1 year has passed since last update.

素人の備忘録。


動機

Windowsのホームディレクトリに設定ファイルやログファイルを置くソフトウェアがある。

一方、管理者の都合なのか知らないが、ホームディレクトリがとんでもないところに設定されている職場が存在する。

別の場所を指定したい。ただしホームディレクトリは変えずに。

あくまで自分用のメモなので間違っているかもしれないし、役に立たないかもしれない。


解決策


Emacs

.emacs.dディレクトリを置く場所を変更する。

レジストリHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\GNU\Emacs\HOMEでディレクトリを指定し、その下に.emacs.dを作成する。

参考


Python


pip

--logオプションで出力されるログファイルのパスを指定する。

ディレクトリではなくログファイルのファイル名まで指定することに注意。


IPython

環境変数IPYTHONDIRでディレクトリを指定する。


Matplotlib

環境変数MPLCONFIGDIRでディレクトリを指定する。


R


  1. 環境変数R_ENVIRON_USER.Renvironファイルのパスを指定する。


  2. .Renviron内で以下の変数を記述し、ディレクトリまたは.Rprofileファイルのパスを指定する。


    • R_USER=任意のディレクトリ

    • R_PROFILE_USER=R_USERのパス/.Rprofile




TeX


TeX Live

デフォルトではホームディレクトリに.texlive(年数)なるディレクトリが作成されるので、これをまず任意のディレクトリへコピーする。

%TEXMFROOT%/texmf.cnfを開き、以下のようにディレクトリを指定


texmf.cnf

TEXMFHOME = (任意のディレクトリ)/.texlive(年数)/texmf

TEXMFVAR = (任意のディレクトリ)/.texlive(年数)/texmf-var
TEXMFCONFIG = (任意のディレクトリ)/.texlive(年数)/texmf-config


latexmk

-rオプションで.latexmkrcへのパスを指定する。


Maxima

デフォルトではホームディレクトリに一時ファイルが作成される。

環境変数maxima_tempdirでディレクトリを指定する。

参考

思いつき次第追記予定。