Ubuntu Server 18.04 LTSとUbuntu Desktop 18.04 LTSをデュアルブート

Ubuntu 18.04 LTSのISOイメージのダウンロード

国内ミラーサイトからダウンロードすると速い.
Ubuntu 18.04 LTSインストールガイド【スクリーンショットつき解説】より

日本の公式ミラー
http://jp.releases.ubuntu.com/18.04/
富山大学
http://ubuntutym2.u-toyama.ac.jp/ubuntu/18.04/
JAIST
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu-releases/18.04/
Tsukuba WIDE
http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/ubuntu-releases/18.04/
山形大学
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/ubuntu/releases/18.04/
理化学研究所
http://ftp.riken.go.jp/Linux/ubuntu-releases/18.04/
DMM.comラボ
http://mirror.dmmlabs.jp/linux/ubuntu/18.04/

パーティション構成

ブートマネージャーとしてMBMを使用したいので,MBRパーティションテーブルで構成したい.
事前にGpartedでMBRパーティションテーブルでパーティション分けを済ませておいた.

パーティション 容量 用途
/dev/sda1 32GiB Ubuntu Server 18.04 LTS
/dev/sda2 64GiB Ubuntu Desktop 18.04 LTS
/dev/sda3 約500GiB ストレージなど

Ubuntu Server 18.04 LTSのインストール【注意!】

先にUbuntu Serverの方からインストールしようとしたところ,こいつがなかなかに曲者だった.
インストーラーの指示通り進めてパーティション設定まできたので,手動でインストール場所を選択しようとしたところ,分けておいたはずのパーティションがない…!

どうやら勝手にGPTパーティションテーブルに初期化してしまうらしい.

仕方がないので,新しく2GiB(バックアップをとりやすいようになるべく小さく)のパーティションを作り直し,インストールを済ませた.

Ubuntu Desktop 18.04 LTSのインストール(の前にいろいろ修正)

Ubuntu Serverのせいでパーティションが崩れてしまったので,もう一度パーティションをきれいに作り直したい.
ということで,Ubuntu Desktop 18.04 LTSのLiveメディアを起動し,"Install Ubuntu"ではなく"Try Ubuntu"を選択する.

ここでターミナルを開き,適当なUSBメモリ(2GiB以上)にUbuntu Serverのバックアップを取っておく.

Ubuntu Server 18.04 LTSのバックアップ

Ubuntu Serverのパーティションは/dev/sda2であり,USBメモリは/dev/sdb1として認識されていた.

# root権限になっておく(必須ではない)
sudo -s
# USBメモリをマウントするディレクトリ作成
mkdir /tmp/usb
# USBメモリをマウント
mount /dev/sdb1 /tmp/usb
# Ubuntu ServerのバックアップをUSBメモリに保存
dd if=/dev/sda2 of=/tmp/usb/ubuntuserver18.iso

パーティション再構成

GpartedでMBRパーティションテーブルを再構成

パーティション 容量 用途
/dev/sda1 32GiB Ubuntu Server 18.04 LTS
/dev/sda2 64GiB Ubuntu Desktop 18.04 LTS
/dev/sda3 約500GiB ストレージなど

Ubuntu Server 18.04 LTSのリストア

USBメモリにとっておいたバックアップを/dev/sda1にリストアする.

# Ubuntu Serverを/dev/sda1にリストア
dd if=/tmp/usb/ubuntuserver18.iso of=/dev/sda1

このままではファイルシステムの領域が元のサイズ2GiBと認識されてしまうので,領域を32GiBいっぱいまで拡張する.

# ファイルシステムをチェック(問題だらけなのですべてにyesを応答する)
e2fsck -f /dev/sda1
# ファイルシステムを拡張
resize2fs /dev/sda1

さらに,ブートレコードがおかしくなっているので,GRUB2をインストールし直す.
以下を参照しながら,boot-repairを使用した.

# boot-repairをインストール
add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair
apt-get update
apt-get install -y boot-repair
# boot-repairを起動
boot-repair

基本的には参照先の説明やboot-repairに従って進めれば再インストールは完了する.
ここで,boot-repairの指示に従い,

sudo apt-get install -y grub-pc ...(以下略)

を入力したときに現れる"Configure grub-pc"と書かれたダイアログでは,/dev/sda1を選択すると後々MBMをインストールするときに楽になる.

Ubuntu Desktop 18.04 LTSのインストール

ここからようやくUbuntu Desktopのインストールに入っていく.
デスクトップ上にある"Install Ubuntu 18.04 LTS"のアイコンなどをダブルクリックし,インストーラーを起動する.
ここからはインストーラーの指示通り進めてしまえばよいが,パーティション設定だけは手動設定で行うよう注意する.
また,パーティション設定の際に,ブートローダーのインストール先を選択できるので,Ubuntu Desktopをインストールする/dev/sda2にインストールする.

MBMのインストール

最後にMBMをインストールする.
MBMのISOイメージをCDに焼いて起動し,"3"番のメニューを選択する.
原則ハードディスクは0番目なので次に,"0"を入力する.
質問に対してはyesを応答すれば,あっという間にインストール完了である.

なお,ハードディスクを複数台接続している場合などには目的のデバイスが0番目でないことがあるが,最初のメニューで"2"番を選択すれば目的のデバイスの番号が確認できる.

起動確認

電源を入れて,MBMの選択画面に入り,正常にUbuntu ServerとUbuntu Desktopを起動することができたら作業終了!

"Invalid boot record"と表示され起動できない場合にはGRUB2のインストールがうまくいっていないので,boot-repairなどで再インストール…

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.