Posted at

Choregraphe 2.5.5.5における[Diagram / Timeline]の挙動変化

More than 1 year has passed since last update.

 本記事は以下の環境で動作を確認しています。

バージョン

NAOqi
2.5.5.5

Choregraphe
2.5.5.5



この記事の内容

 NAOqi2.5.5では[Diagram / Timeline]ボックスの挙動が変化しておりますので、その挙動を紹介します。


[Diagram / Timeline]ボックスの挙動変化

 NAOqi 2.4.3.28では入力が5つ以上ある(onStop入力を含む)[Diagram / Timeline]ボックスにおいて、onStopに入力があってもonStopped出力が発火しませんでした。

 具体的には、以下のようなボックスになります。

 NAOqi 2.5.5.5では入力が5つ以上存在するボックスでも、onStopに入力があった場合、onStopped出力が発火します。


NAOqi 2.4.3.28と2.5.5.5の比較

 入力側のonStopにイベントを入力した場合のonStopped出力の動作は以下のようになります。

NAOqi 2.5.5.5
NAOqi 2.4.3.28

onStartやonEvent属性の入力が3つ以下

onStartやonEvent属性の入力が4つ以上

×


既知の不具合

 この変更により、これまで正常に正常に動作していたロボアプリが正常に動作しなくなる場合があります。

 もしNAOqi 2.4.3.28からNAOqi 2.5.5.5にアップグレードしたあと、正常に動作しなくなったロボアプリがありましたら、[Diagram / Timeline]ボックスの動作を確認するとよいでしょう。

 大きく変更せず2.4.3.28と同様の挙動にしたい場合は、入力側のonStop属性をonEventやonStartに変更してください。