Edited at

LXDE でのキーバインディング方法

私は個人のノート PC で Arch Linux の使用しています。

デスクトップ環境には LXDE を使用しています。

ファンクションキーでバックライトや音量をコントロールしたくなったため、その方法をまとめます。


キーバインディングの方法

~/.config/openbox/lxde-rc.xml というファイルを編集します。

<keybind> 要素の key 属性に対象となるキーを指定します。

<action> 要素の name 属性には Execute を指定します。

<command> 要素には実行したいコマンドを記載します。


example.xml

<keybind key="yourkey">

<action name="Execute">
<command>your command</command>
</action>
</keybind>

<!-- Ctrl + Alt + ←(左キー) を指します 右: Right, 上: Up, 下: Down -->
<keybind key="C-A-Left">

<!-- Shift + Alt + ←(左キー) を指します -->
<keybind key="S-A-Left">

<!-- Windows + d を指します -->
<keybind key="W-d">


その他のキー

キー名
表記

Esc キー
Escape

F1 キー
F1

Delete キー
Delete

バックライト Down キー e.g. [Fn + F5]
XF86MonBrightnessDown

バックライト Up キー e.g. [Fn + F6]
XF86MonBrightnessUp

音量 Down キー e.g. [Fn + F2]
XF86AudioLowerVolume

音量 Up キー e.g. [Fn + F3]
XF86AudioRaiseVolume

音量 Mute キー e.g. [Fn + F1]
XF86AudioMute


バックライト

私は AUR にある light を使用しました。

https://github.com/haikarainen/light

git clone https://aur.archlinux.org/light

cd light
makepkg -si


~/.config/openbox/lxde-rc.xml


<keybind key="XF86MonBrightnessUp">
<action name="Execute">
<command>light -A 5</command>
</action>
</keybind>

<keybind key="XF86MonBrightnessDown">
<action name="Execute">
<command>light -U 5</command>
</action>
</keybind>



音量

私は amixer を使用しました。

ALSA は Arch カーネルに含まれているはずなのでインストールは不要です。


~/.config/openbox/lxde-rc.xml

<keybind key="XF86AudioRaiseVolume">

<action name="Execute">
<command>amixer -c 1 set Master 5%+</command>
</action>
</keybind>

<keybind key="XF86AudioLowerVolume">
<action name="Execute">
<command>amixer -c 1 set Master 5%-</command>
</action>
</keybind>

<keybind key="XF86AudioMute">
<action name="Execute">
<command>amixer -c 1 set Master toggle</command>
</action>
</keybind>


※2018/11/06 現在、Master をミュートすると Speaker にもミュートが掛かり、ミュートを解除する際 Speaker のミュートが解除されず音が鳴らなくなる問題があります。現在 Arch Forum にて相談中です。何か進捗があれば追記します。

以上。