lvm
マウント
ファイルシステム
スワップ
自主勉強

※自分用にまとめたメモです。
業務に必要な専門用語を調査していきます。

「ファイルシステム」とは

ディスク上のどこに何というファイルがあるのか、といった情報を管理しているのがファイルシステムです。ファイルの読み書きは、ファイルシステムの情報をもとに行われます。ファイルシステムはオペレーティングシステムごとに異なっていますが、Linuxではext2またはext3というファイルシステムが一般的に使われています。ext3はext2の後継にあたるバージョンで、どちらが使われるかはディストリビューションによって変わります。( 引用元: びぎねっと

ちなみに、Linux は木構造 ( ディレクトリツリー ) になっていて、
多分木構造って呼ばれてるデータ構造らしい。

「マウント」とは

一言でいえば、ディレクトリ( Windows でいえばファイル )の中に
ディレクトリ(ファイル)を移動させたり、作成したりすること。

マウントとは、別のディレクトリツリーを、ルートディレクトリ以下のディレクトリツリーに結合することです。たとえば、以下の図でCD-ROMドライブを/mnt/cdromというディレクトリにマウントした場合、CD-ROMの中にある「hoge」というディレクトリは「/mnt/cdrom/hoge」として扱うことができるようになります。こうすることで、ユーザーはファイルの物理的な場所を意識せず、統一した方法でファイルを扱うことができるのです。( 引用元: びぎねっと )

各ファイルに物理アドレスが割り当てられているけど、
それぞれのファイルが連続して並んでいるわけではないので、
物理アドレスを気にすることなく、自動で紐付けしてくれる。

「スワップ」とは

スワップ領域とは,仮想メモリ使用時に不必要なメモリ領域のデータを一時的に書き込んでおくファイルシステム上の領域のことです。

仮想メモリは,実際にコンピュータに搭載されているメモリだけではなく,ハードディスクなどに用意されたスワップ領域も仮想的にメモリとみなして,より大きなメモリ容量を実現する仕組みです。しかし実際のメモリに比べてハードディスクは読み書きの速度が極端に遅いので,CPUとの間でのデータのやり取りはあくまで実メモリで行います。スワップ領域は,実メモリ上にある必要のないデータを退避しておき,実メモリに空きを作るために使用されます。このように不要なデータを退避することを「スワップアウト」と呼びます。

「LVM」とは

複数のハードディスクやパーティションにまたがった記憶領域をひとつボリュームグループにまとめ、単一の論理ボリューム(LV)として扱うことのできるディスク管理機能です。 主にLinuxをはじめとしたUNIX系のOSで利用できる機能の1つです。( 引用元: LVM )

複数のストレージ領域の境界を取り払って、
1つの大きなストレージとみなす機能? ( 要調査 )