Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiita/Zenn を使い比べた感想

はじめに

この記事ではQiita/Zennの両方を使い比べた私がその感想を書いていきます(Zennはクロス投稿用です)。個人の感想にすぎませんので、開発者側の意図とは食い違っていることもあります、予めご了承ください。Zenn事態についてもっと知りたいという方はこちらの体験談関連メモが参考になるでしょう。

実感した違い

同じMarkdownでも見た目は変わる

例えばQiitaでコードを埋め込むとファイル名や言語指定するだけで色が変わります。

text.html
<head>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-2022-JP">
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
</head>

もちろんZennでもコードを埋め込むことはできますが、色は変わるのでご注意ください。

編集環境が違う

Qiitaでは編集と同時に同一ウィンドウでプレビューを確認できますが、Zennではプレビューするのにボタンを押して切り替える必要があります。これを私なりに言い換えるとこうなります:

  • Qiita: 横長ディスプレイの方が編集しやすい(2つの画面が横並びで表示されるので)
  • Zenn: 縦長ディスプレイの方が表示しやすい(単一画面なので、視認できる範囲が広がるという特長がある)

Zennは本を出すことを念頭に置いている

Zennは自費出版機能からわかる通り、技術書の流通を目的としており、そのため表紙機能、自動で字数をカウントする機能が付いています(日本の出版業界では10万字が一つの目安だそうです)。例えば(私みたいに)複数のQiita記事をチャプターに使って技術書として再構成するみたいな使い方だって可能です。言い換えれば「Tech系に特化したnote」というところでしょうか。この仕組みはnoteのマガジン機能に通じるものがあると思います(ちなみにnoteにもZenn同様、課金システムや自動字数カウント機能があります)

余談ですが、noteにもコード埋め込み機能があるのでnoteは技術系サービスだと捉える流派もあるそうです。ただ私が見た限りではプログラミング関係ない記事の方が多数派なので個人的には「クリエイティブ系サービス」としてとらえる立場をとっています。

Qiitaは情報を早く流すのに特化している

同じ分野であってもQiitaは情報を早く流すのに特化していると思います。その証左として、

  • Advent Calendar
  • トレンド機能
  • ストック機能
  • 質問機能
  • 即時プレビュー機能

の他にも、Zennよりも分類用タグが豊富にあります(ここは歴史の差から来ているのかもしれませんが)。あとQiitaの方がウェブ検索しやすいように感じます。

まとめ

私なりの結論としては

  • Qiita: 小出しでも情報を早く共有する
  • Zenn: 関連する情報を技術書としてまとめる

というのが違いになります。同じ分野でもサービスごとに目的は違うので使い分けしていくのがいいでしょう。

AlohaTech
HTML/Javascript/LaTeX 使用歴5年以上 (過去の仕事で使った研修用資料とか社内勉強会向け資料などを同意のもと投稿しています) クロス投稿をすることもあります。
https://daisuke-kanaizumi.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away