Help us understand the problem. What is going on with this article?

自分が開発するときによく忘れるコマンド群(git npm)

More than 1 year has passed since last update.

Gitのコマンド

ブランチ関連

$ git checkout -b {ブランチ名}
―ブランチを作成し、切り替える

$ git checkout master
―マスターブランチに切り替える

$ git merge
―ブランチを結合する。

example

$ git checkout -b dev

開発を行う

branchの考え方
サルでもわかるGit入門~発展編~

コードレビュー

サルでもわかるGit入門~プルリクエスト編~

$ git checkout master
$ git merge

リモートリポジトリ関連(Github bitbuket等々)

$ git remote add {git@github.com:ユーザー名/〜}
―リポジトリを登録

$ git push
―リポジトリへ送信(更新)

$ git clone
―リポジトリの取得

$ git pull
―リポジトリの更新

....随時更新

コンフリクト(conflict)した場合

# マスターを見に行く
$ git checkout master`

# 変更がある場合確認を行う
$ git master pull

# masterの変更部分をマージする。
$ git merge master

ブランチ元の物をマージする(コンフリクトの解消を行う)
マージしたあとに
差分のどちらを残すか確認があるので、しっかりと消すか消さないか確認をとってマージする。

NPM

vagrant環境とWindows環境の共有

npm install --no-bin-links
windows環境の場合シンボリックリンクだとエラーを起こす。
これらを解決するために、Linux側のシンボリックリンク設定を切る必要がある。

ERROR関連

error upath@1.0.4: The engine "node" is incompatible with this module.

Nodeのバージョンが違う的な?最新すぎるとこのエラーが出ました。
error upath@1.0.4: The engine "node" is incompatible with this module. Expected version ">=4 <=9".
e
yarn install --ignore-engines

webpack関連

コンパイルが通らない事があります。
ルールを記載しないと拡張子の管理が面倒なのできっちり確認しましょう。

webpack.config.json
{
// 省略
  resolve: ['.js','.jsx','.css'] //拡張子を記述する
// 省略
}
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away