Ruby
Windows
環境構築
RubyOnRails
Windows10

WindowsのPCにRuby開発環境を構築する方法をシンプルにご紹介します。

環境

Windows10 Pro(64bit OS)
Ruby 2.4
Rails 5.2.0

手順

  1. RubyInstallerのダウンロード windowsでは、公式サイトで公開されているRubyInstallerというインストーラーを使用して、ウィザードに従って進めていくだけで簡単に実行環境が構築できます。

https://rubyinstaller.org/downloads/

2.4系をダウンロード

download-installer.png

※64bit OSの場合はx64版、32bit OSの場合はx86版を選択してください。

ダウンロードが完了すると、インストーラーのセットアップに進みます。

select-directory-and-options.png

※「Add Ruby executables to your PATH」にチェックを入れると自動で環境変数に加えてくれます。

インストールが済んだら、コマンドプロンプトを起動してRubyのバージョンを確認してみてください。

> ruby -v

command-ruby-version.png

2. Railsインストール
次に、Railsのインストールです。そのまま、コマンドプロンプトを使用します。

最新バージョンでいい場合

> gem install rails

バージョン指定したい場合

> gem install rails --version “4.2.7.1” -N

※4.2.7.1は例です。適宜書き換えてください。

install-rails.png

Railsのインストールが完了したら、バージョンの確認をしてみましょう。

> rails -v

rails-version.png

まとめ

手順通り実行していただければ環境構築は簡単ですね。
実際の現場では、Rubyのバージョンが切り替えやすいように、rbenvを使ったり、仮想環境で構築したりしていると思います。
今回はシンプルにwindows環境での構築でしたが、次はdockerと組み合わせて構築してみようと思います。