Android
AndroidWear

Android Wear をビルドすると APK が2つ作成される

More than 3 years have passed since last update.

Android Wear をビルドすると APK が2つ作成されます。

新しい Android Wear プロジェクトを作成した際、デフォルトだと mobile ディレクトリに Handheld 端末用のプロジェクトが、wear ディレクトリに Wear 用プロジェクトが用意されます。この状態で APK を作成すると mobile-release.apk と wear-release.apk が作成される。なぜ2つできるのか迷ったのでメモを。


リリースは mobile-release.apk のみアップロード

Google Play にアップロードするのは mobile-release.apk のみでOK。APK をアップロードする場所が1つしかなくて迷ったけど、mobile だけアップロードすれば、ストアからインストールした際に Wear 端末にもインストールされる。実際に mobile-release.apk の中を見てみると、mobile-release.apk -> res -> raw -> android_wear_micro_apk.apk というように Wear 用アプリも含まれている。

よく考えたら mobile の build.gradle に dependencies { wearApp project(':wear') } と書いてあった。


なぜ2つ作成されるか

デバッグのため adb でデバイスに mobile をインストールしても Wear には反映されないので、別々にインストールする必要あるため。


参考

Packaging Wearable Apps | Android Developers http://developer.android.com/training/wearables/apps/packaging.html

Creating and Running a Wearable App | Android Developers https://developer.android.com/training/wearables/apps/creating.html#Install