GitHub
GitHubEducation

GitHubの学生向けアカウントを複数手に入れる

はじめに

GitHubでは、13歳以上の学生(と生徒)に向けて、Student Developer Packを提供しています。大学のメールアドレスを用いて申請し、承認されると無料で無制限のプライベートリポジトリを利用することができるようになるため、学生としては非常に嬉しいものです。
しかし、同じメールアドレスを複数のGitHubアカウントで使用することができないため、実質的に一人一つしか学生向けアカウントを持つことができないという問題がありました。
以下では、これを回避し、学生向けアカウントを複数手に入れた際の方法を紹介します。

ここに示す情報は執筆者の経験に基づく報告であり、GitHub公式の見解・説明およびそれに準ずるものではありません。
また、ここに示す情報による如何なる不利益も執筆者は関知しません。

手法

なんのことはありません、通常どおりGitHub Educationを開き、Verify academic statusのメールアドレスからI don't have school-issued emailを選択し、学生証を添付するだけです。(画像はイメージです)
Request a discount

他は通常どおり入力しました。

How do you plan to use GitHub?には、
- 既に学生向けアカウントを持っていること
- 学生向けアカウントが複数必要な理由(私の場合は演習でプライベートリポジトリを使う必要があるがアカウントは混ぜたくないという理由)
を入力しました。

あとは通常どおり数日待つだけ。無事承認されました。

結び

駄目元で申請したのですが、あっさり通ってしまいました。申請してみるものですね。