Help us understand the problem. What is going on with this article?

ESP8266 > APモード > httpサーバー > 2.4GHz混線によってはまった

More than 3 years have passed since last update.
使用機材
ESP-WROOM-02 > ユニバーサル基板実装

borg sensor systemにおいてセンサー(WR1側)と反対側(WR2)との通信の構築について検討中。

Qiita投稿にあるESP8266自身がAPになる実例が分かりやすかったので、勉強もかねて試してみた。

コード

コードは以下のようにした。

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <ESP8266WebServer.h>

static const char *kSsid = "esp8266";
static const char *kPassword = "12345678";

ESP8266WebServer myServer(80);

void handleRoot() {
    myServer.send(200, "text/html", "<h1>You are connected</h1>");
}

void setup() {
    pinMode(4,OUTPUT);
    delay(1000);

    Serial.begin(115200);
    Serial.println();
    Serial.print("Configuring access point...");
    WiFi.softAP(kSsid, kPassword);

    IPAddress myIP = WiFi.softAPIP();
    Serial.print("AP IP address: ");
    Serial.println(myIP);

    myServer.on("/", handleRoot);
    myServer.begin();
    Serial.println("HTTP server started");
}

void loop() {
    myServer.handleClient();
}

はまった点

現在の自分の環境は2.4GHzでの混線が生じることがある。

それに気づかずにAPへの接続をしようとして「タイムアウト:接続できませんでした」となってはまった。

対応策としては、ESP8266を動かす場所をいくつか試して、受かりやすい場所を見つけるようにした。

一旦接続した後は、pingで応答時間を表示しながら、場所を代えてどれほど通信状況が変わるか確認できた。応答時間が1000msecになる場所もあり、この時はhttp接続でタイムアウトになってしまった。

正常な通信時はだいたいpingの応答時間が3msec以内、時々(混線によるものか)200msecが上限となった。

7of9
セブンオブナインです。Unimatrix 01の第三付属物 9の7という識別番号です。Star trek Voyagerの好きなキャラクターです。まとめ記事は後日タイトルから内容がわからなくなるため、title検索で見つかるよう個々の記事にしてます。いわゆるBorg集合体の有名なセリフから「お前たち(の知識)を吸収する。抵抗は無意味だ」。Thanks in advance.
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away