All About ACS: IBM i Access Client Solutionsの紹介とパッケージング


IBM i Access Client Solutions(ACS) とは何か

IBM i 用のクライアントソフトは「IBM i Access family」として提供されています。

IBM i Accessのサイトでファミリーのメンバーが確認できます。

プラットフォームに特化したクライアントには Access for Windows と Access for Linux がありました。

Access for Linux は既に廃止され、Access for Windows も Windows 8.1 を最後に、それより新しい Windows をサポートしていません。さらに2019年4月30日にサポートサービスが終了になります。

後継となるのが Access Client Solutions、通称「ACS」です。

ベースとなる部分はJavaで書かれていて、Java が動く環境ならどこでも、これまで動かなかった Mac での利用も可能です。

ACS の 1.1.8.0 以降は Java 8 以降が必要になりました。


ACSのパッケージ構成

ACS は 下記の 4つのパッケージで構成されます。

通常は Java 上の Base Package を使い、ODBC など OS ネイティブコードでの DB アクセスをする場合に、Windows/Linux Application Package を利用します。Windows 上の 5250セッションを EHLLAPI で操作する場合は EHLLAPI を導入します。


Base Package

通常 ACS と呼べば、通常この部分を指します。今回の一連の記事でも特に明示しなければ、この部分を示すこととします。Java で実装されていて、プラットフォームを問わずに動きます。

Host-on-Demand(HOD) ベースの 5250、データ転送、DB2 for i の操作などが可能です。


Windows Application Package

Windows に特化した部分です。ODBC、.Net、OLE DB といったWindowsのネイティブコードで実装する必要があり、Javaでは実装できない部分を提供します。

サイト では、下記が記載されています。



  • Connectivity to DB2® for i using ODBC, .Net, OLE DB and XDA

  • Programming Toolkit for accessing IBM i system objects

  • Support for TLS/SSL connections


そのため、Windows 10 や Windows 2016 で IBM i Access を使いたい場合は ACS を使うことになります。

また、Access for Linux は既に入手できないようになっています。Linux で IBM i Access を使いたい場合は、やはり ACS を使うことになります。


Liux Application Package

Liux に特化した部分です。ネイティブコードで実装する必要があり、Javaでは実装できない ODBC を提供します。

サイト では、下記が記載されています。



  • Connectivity to DB2® for i using ODBC

  • Full support for 64-bit ODBC data types

  • TCP/IP connectivity

  • Installation and usage guide


rpm と deb の両方の形式で提供されています。


EHLLAPI

5250セッションをプログラムで操作したい場合、ACS では iAW や PCOMM でも利用できた EHLLAPI を使うことができます。

この場合、ACS EHLLAPI を導入します。


2019-02-18

- リンク切れなど情報の更新

- EHLLAPI を記載

「All About ACS」では IBM i に対する新しいクライアント「IBM i Access Client Solutions」の情報をいろいろ提供していきます。

記事一覧はこちらで確認いたけます。

許可の無い転載を禁じます。

この記事は筆者の個人的な責任で無保証で提供しています。

当記事に関してIBMやビジネスパートナーに問い合わせることは、固くお断りします。