Edited at

tar.xz, tar.bz2, tar.gzをコマンドラインから作る

More than 1 year has passed since last update.


コマンド

まずはじめにたたくコマンドを示しておきます。

# inputDirectory内のファイルをtar.xzに

$ tar Jcvf ./outputFile.tar.xz ./inputDirectory

# inputDirectory内のファイルをtar.bg2に
$ tar jcvf ./outputFile.tar.bg2 ./inputDirectory

# inputDirectory内のファイルをtar.gzに
$ tar zcvf ./outputFile.tar.gz ./inputDirectory


ちょっと解説

tarコマンドで指定しているオプションについてまとめておく。


基本オプション

オプション
説明
覚え方

c
書庫(tar)を新規作成する

c reate

v
処理したファイルの一覧を詳細表示

v erbose

f
書庫(tar)のファイル名を指定する

f ile


圧縮オプション

オプション
説明
覚え方

z
gzipで圧縮
一般的だから、まずgzipのzを当てよう

j
bzip2で圧縮
zは使ってしまったから、発音の似ているjを当てよう

J
xzで圧縮
圧縮率ではこの中では一番だし、区別する意味も込めて大文字:J にしちゃえ

a
利用する圧縮形式を作成される書庫ファイルの拡張子から自動的に判断

a uto


圧縮レベルの変更

コマンドの前で環境変数を変更してあげるといいみたい。

変更しない場合デフォルトは6で,レベル範囲は1~9まで。

# inputDirectory内のファイルをtar.xzに*(圧縮レベル:9)

$XZ_OPT=-9 tar Jcvf ./outputFile.tar.xz ./inputDirectory

# inputDirectory内のファイルをtar.bg2に(圧縮レベル:9)
$BZIP2=-9 tar jcvf ./outputFile.tar.bg2 ./inputDirectory

# inputDirectory内のファイルをtar.gzに(圧縮レベル:9)
$GZIP=-9 tar zcvf ./outputFile.tar.gz ./inputDirectory


おまけオプション

オプション
説明

--exclude
指定したファイルを書庫に含めない

# 例

$ tar zcvf ./outputFile.tar.gz --exclude .DS_Store ./inputDirectory


参考