Posted at

VSCodeでCSVをステキに見やすくする「Rainbow CSV」を紹介するよ


はじめに

普段のようにトゥイッターしていたらタイムラインにステキ拡張が流れてきたので、布教のためにバーっと紹介記事を書いてみる次第。

Rainbow CSV

image.png


Rainbow CSVって何?


  • VSCodeでCSVを扱いやすくするためのステキ拡張

  • 便利でステキな機能をいくつも持っている

  • とにかくヤバイ(語彙)


Rainbow CSVの何がヤバイの?


①CSVが読みやすくてヤバイ

ちょうどいいCSVが無かったので、適当にポケモンのCSVデータを生々しく開いてみた。

CSVの見た目ってこんなのだよね。日本語項目はともかく、数値が連続している箇所は「あれ、この"49"ってどの項目に対応してるんだっけ…?」みたいな混乱が起きて発狂しがち…。

image.png

しかし、このファイルをRainbow CSVに通すと…なんということでしょう!

ヘッダー項目とデータ項目にカラフルな色が付き、項目の種類が一発でわかるようになっているではありませんか!

image.png

しかも項目にカーソルを合わせると列番号とヘッダー項目まで表示してくれる!ヤバイ!

image.png


②SQLライクにクエリを投げられるのでヤバイ

コマンドパレットを開いて「RBQL」と打ち込んでみましょう。

image.png

表形式でCSVデータが表示されます。

image.png

下の「Input SQL」に適当なクエリを書き込んで「Run」ボタンを押すと…

image.png

データを絞り込んだCSVが生成された!便利すぎてヤバイ!(なんかエラー出ちゃうけど…)

image.png


みんなも使おう「Rainbow CSV」!

ちなみにAtomVim向けのプラグインも用意されてるよ!