Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vue/Nuxtを使っている開発チームへ参画するまでの学習ロードマップ

はじめに

今回はVue.js/Nuxt.jsを用いて開発しているプロジェクトへ参画するまでに、どういったことを学習すれば良いかについて話していこうと思います。
私自身、8月からVue.js/Nuxt.jsを用いて開発しているチームへ配属されフロントエンドの開発をさせていただいておりますので、実際にどういった勉強をしてきたのかを書いていきます。

また、私の場合はVue/Nuxtチームに参画することになると概ね決まったのが参画の1ヶ月前でしたので、約1ヶ月間の学習となります。

さて、何からはじめよう?

最初どの教材で勉強するかについては、私的には特にこだわりはなかったので、周りで良い評判を聞いていた下記のUdemyの講座を購入して学習しました。

超Vue.js 2 完全パック - もう他の教材は買わなくてOK! (Vue Router, Vuex含む)

上記でVue.jsについてざーっと勉強した後は、下記のUdemy講座でNuxt.jsについても軽く勉強しました。

Nuxt JS入門決定版!Vue.jsのフレームワークNuxt JSの基本からFirebaseと連携したSPAの開発まで

※ 一応知らない方のために言っておきますと、Udemyは月に2,3回程セールをやっている期間がありますので、購入する際はその期間に買いましょう。めちゃめちゃ安くなります。

実際の現場ではどういう手法で開発しているかを知ろう

実際に参画することになるチームの方と連絡をとることができないのであれば仕方ありませんが、連絡可能であるならば事前にどういった勉強をすれば良いか聞いてみると良いでしょう。
そこで色々とリサーチすることができたら、あとはそのことについてひたすら勉強していきましょう。
(上記のUdemy講座などで学習する前に先に聞いても、順番はどちらでも構いません。)

私のチームの場合は、Atomic Designをベースに開発していて、UIフレームワークにはVuetifyを使っていたり、細かいところで言うとstoreへのアクセスはヘルパー関数を使っているということを聞いたので、その部分について学習していきました。
また、「Vue/Nuxtを使って2画面くらいの何かしらのツールを作ってみてください」と課題までくださったので、簡単なTodoアプリの作成も行いました。
そして作ったTodoアプリをレビューしていただいてアドバイスをもらい、修正などを行うことで、より理解を深めることができました。
(流石にここまでやってくださる会社さんはあまりないかも知れませんが。。)

そうして勉強しているうちにチームに参画されました。

さいごに

結局のところ、チームに参画してスムーズに開発を始めていくには、そのチームの方に聞いて教えていただいた内容を学習することだと思います。
私はこれで、Vue/Nuxtを全く知らないところからかなりスムーズに開発に混ざることができたかなと思います。

以上で短いですが、ご参考になれば幸いです。
最後までお読みくださりありがとうございます。

00__
フロントエンド開発 | ex EV電池制御開発
https://github.com/sponsors/Naruse-Kazuki
kboy_flutter_univ
KBOYのFlutter大学というYouTubeチャンネル及び、Flutter開発者の集うオンラインサロンを運営しています。
https://www.youtube.com/channel/UCReuARgZI-BFjioA8KBpjsw
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした