vim-plugin NERDTree で開発効率をアップする!

  • 420
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

vim-plugin NERDTreeで開発効率をアップする!

NERDTreeとは

vimのプラグインで、vimを開きながらディレクトリをツリー表示することができ、ファイルにvimを開きながらアクセスができます。

導入方法

1. まずはvimのプラグイン管理ツール「NEOBUNDLE」を導入します。

導入の本家サイトリンクはこちら(NEOBUNDLE

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/neobundle.vim/master/bin/install.sh | sh

このコマンドを叩くだけでNEOBUNDLEがインストールされます。
※MacとLinuxのみになります。

2. ~/.vimrcに以下のコードを書きます。

~/.vimrc
set nocompatible
filetype off

if has('vim_starting')
    set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
    call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
endif

"insert here your Neobundle plugins"
NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

filetype plugin indent on

ちなみにNERDTreeのBundleは

NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

になります。

3. Bundleのインストール

.vimrcを保存して再度vimを開き、vimの中で下記のコマンドを実行します。

:NeoBundleInstall

これにより、先ほど指定したBundleがインストールされ、無事にNERDTreeが入りました。

4. NERDTreeの設定

特に設定等は必要ありまん。
しかし、NERDTreeを起動するには、vimを開いて

:NERDTreeToggle

と打たなければいけないので、自分は.vimrcにショートカット(キーマップ)を書いてます。

~/.vimrc
nnoremap <silent><C-e> :NERDTreeToggle<CR>

これにより、vim上でCtrl+eでNERDTreeを開くことができます。

NERDTreeの使い方

ファイル操作系

コマンド 説明
o(enter) ファイルを開く
go ファイルを開き、カーソルはツリーに保持する
t タブで開く
T タブで開き、移動はしない
i 水平分割して開く
gi 水平分割して開き、移動はしない
s 垂直分割して開く
gs 垂直分割して開き、移動はしない

ディレクトリ操作系

コマンド 説明
o(enter) フォルダを開く
O 再帰的にディレクトリをすべて開く
x 親ディレクトリを閉じる
X 再帰的にすべての子ディレクトリを閉じる
e 新しいツリーを生成する

ツリー操作系

コマンド 説明
P ルートディレクトリへ移動
p 親ディレクトリへ移動
K 一番上へ移動
J 一番下へ移動
Ctrl+k 一つ上へ移動
Ctrl+j 一つ下へ移動

ファイルシステム系

コマンド 説明
C ツリーのルートを選択したディレクトリに変更
u ツリーのルートを上の階層にする
U 変更前のツリーの状態を保持して、ツリーのルートを上の階層にする
r 選択したディレクトリをリフレッシュする
R ツリーのルートをリフレッシュする
m メニューを表示する
cd 選択したディレクトリにcwdを変更する
CD cwdをツリールートに変更する

※mでファイルやディレクトリの追加・削除・コピー・移動ができる

その他

コマンド 説明
I 隠しファイルの表示、非表示
B ブックマークの表示・非表示
F ファイルの表示・非表示

これで簡単なファイル操作とかをわざわざbashに戻さなくても編集できますし、なにしろvimだけでいろいろできるのが超便利!

以上がNERDTreeの説明でした。
快適はvim生活を!