Freshplayerpluginの使い方

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

特になんでもありません。
https://github.com/i-rinat/freshplayerplugin
これの翻訳みたいなもんです。

環境

Debian Wheezy 64bit 7.6
iceweaselはaptから
Chromeは64bit stableを公式から
$ uname -r
3.2.0-4-amd64

なにこれ

Linux firefoxベースのブラウザでChromeのflash (pepperflash)を使わせるためのshimです。つまりただのアダプタで合って他のファイルは一切書き換えません。
(今現在twitterで"艦これ firefox linux"とかで検索してみると古いFlashを上書きだとか怖い話が飛び交ってますが、これを使ったほうが幾分か安心できます。)
LinuxのAbobe flashは開発が2012年5月で終わったようで、その時点から5年間セキュリティアップデートをするみたいです。ChromeのFlashはなぜか新しいのでこっち使ったほうがいいよね、という発想です。

ビルド

  1. ここのapt-getコマンドを走らせる https://github.com/i-rinat/freshplayerplugin#install
  2. cd /tmp # これは好きなとこでいい。大きいプロジェクトじゃないのでtmpで余裕
  3. git clone https://github.com/i-rinat/freshplayerplugin.git
  4. cd freshplayerplugin
  5. mkdir -p build
  6. cd build
  7. cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RelWithDebInfo .. # githubに書いてあるコマンド
  8. make -j2 # 使ってる環境が2コアなのでパラレル
  9. mkdir -p ~/.mozilla/plugins
  10. cp libfreshwrapper-pepperflash.so ~/.mozilla/plugins

確認

cpのあとfirefoxなりiceweaselなり起動して「アドオン」の「プラグイン」を確認してそこに見慣れないバージョンのFlashがあればだいたい成功です。ちなみに今のpepperflashバージョンは14.0.0.117みたいです

使い方

そのままブラウザを使ってください。
ユーザーエージェントをChromeにした方がいいかもしれません。Firefoxにすると一部うまく動作しないサイトがあるのを確認しています。

あとがき

なんかCMAKEのフラグいらない気がしてきた。ただのリリースビルドでいいのでは。git grepしてもsrc/の下にassertもないし。または-gだけつくとか?