1. Qiita
  2. Items
  3. TeX

TeX の仮想フォント(VF)でズンドコキヨシ

  • 7
    Like
  • 1
    Comment

どうやら最近、Qiita でズンドコキヨシが氾濫しているようである。

数あるズンドコキヨシの中で自分が注目しているのはコレ。

……素晴らしい。

でも、自分が考えているズンドコキヨシフォントはコレジャナイ。
(↑なんだお前も考えていたのか)

ぼくの かんがえた さいきょうの ズンドコキヨシ フォント

「ズン」「ドコ」のいずれかをランダムで出力し続けて「ズン」「ズン」「ズン」「ズン」「ドコ」の配列が出たら「キ・ヨ・シ!」って出力した後終了

という「ズンドコキヨシの要件」を(できるだけ)満たすようにした。

でも、あいにく自分にはOpenType力が1ミリも備わっていないので、代わりにTeXの仮想フォント(VF)で実装することにした。

この zdkysm.vpl をカレントディレクトリに置いて、次のコマンドを実行すれば、仮想フォントのバイナリファイル(zdkysm.tfm と zdkysm.vf)が生成される。

vptovf zdkysm

あとは、このフォントを用いて適当なLaTeX文書を作成する。

\documentclass[a4paper]{article}
% もちろん(La)TeXマクロは一切無し!
\begin{document}
% ズンドコフォントを指定する
\newfont\fzdk{zdkysm at 4pt}\fzdk

% (人間が)ランダムな文字列を打ち込む
knknjnysnyitndsysnysstrnnkhtgmckcipidswrninds

\end{document}

これをコンパイル1するとズンドコキヨシな出力が得られる。
image-zdkystfm-1.png

ズンドコキヨシフォントの仕様

  • 何か文字を入力すると「ズン」「ドコ」の何れかが表示される。
    • どちらになるかは文字により決まっている。
    • だから“ランダムに出す”には人間が“ランダムに入力”する必要がある。
  • 「ズンズンズンズンドコ」が並ぶと直後に「キ・ヨ・シ!」も表示して、そこで終了する。
    • つまりそれ以上文字を入力しても表示が変わらない。
    • 例えば先の例では37文字目の d のところで「キ・ヨ・シ!」が出るので、それ以降の swrninds は何も表示しない。

さいごに

TeXのVFではアレなので、誰か先述の仕様を満たすOpenTypeフォントを作ってください。(他力本願)


  1. エンジンは何でも(pdflatex でも)よい。 

Comments Loading...