Ricty for Powerline を homebrew で簡単インストール

  • 55
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ricty フォントをインストールする時にちょっとオプションを追加するだけです。

brew tap sanemat/font
brew reinstall --powerline --vim-powerline ricty

--powerline オプションを付ければ https://github.com/Lokaltog/powerline のパッチを当てた Ricty Regular for Powerline.ttf などのフォントが、 --vim-powerline オプションを付ければ https://github.com/Lokaltog/vim-powerline のパッチを当てた Ricty-Regular-Powerline.ttf などのフォントが出来ます。

Powerline の方のパッチではなぜかうまく出来なかったので、 vim-powerline の方で行っている。」という話があったので、両方対応しています。

ちなみに、フォントのインストールは出来ましたが、使い方はまだよくわかっていません。
端末で ruby -e 'puts "Powerline \u{2B60 2B61 2B80 2B81}"' で表示確認した程度です。