PHPでGoogle Analytics APIをアクセスしてみました。

  • 65
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Note: 今回使ったのは google-api-php-client v1 のバージョンです。

phpからapiにアクセスし、データをブラウザーで出力できるまでのステップを書いてます。

必要なもの:
- composer
- php > 5.2
- google developerアカウント
- 使っているgoogle analyticsアカウント

Step: 1 - Google Developer Consoleでプロジェクトの作成

  • https://console.developers.google.com/ からログインします。
  • プロジェクトの作成をクリックします。 gapi-01.png  
  • プロジェクト名を記入して作成ボタンをクリックします。 gapi-02.png

Step: 2 - APIの設定

  • メニューからAPI Managerに入ります。 gapi-03.png gapi-04.png  
  • Analytics APIをクリックし APIを有効にします。 gapi-05.png gapi-06.png

Step: 3 - 認証情報の設定

  • 認証情報まだ設定してないので、このようにメッセージが出てきます。認証情報に進みます。 gapi-07.png  
  • 先にOAuth同意画面のサービス名を設定します。 gapi-08.png  
  • 次は認証情報のサービスアカウントを追加します。 gapi-09.png  
  • P12を選択してキーを作成します。 gapi-10.png  
  • 作成したプライベートキーは自動的にパソコンにダウンロードされます。(Safariで作成するときうまくダウンロードされない場合がございますのでChromeをお勧めします。)この唯一のファイルを後でphp使っているサーバーにアップロードして、PHPコードで引用します。 gapi-11.png  
  • それから、アカウントのメールアドレスも自動で作成されます。このアドレスをGoogle Analyticsの設定とPHPコード、2つの場所で使います。 gapi-12.png

Step: 4 - Google Analyticsの設定

  • https://analytics.google.com/からアカウントにログインします。
  • アナリティクス設定でPHPからアクセスしたいアカウントのユーザー管理のところに入ります。 gapi-13.png  
  • Step3で作成されたメールアドレスを「表示と分析」の権限で追加します。 gapi-14.png

Step: 5 - Composerでgoogle-api-php-clientのインストール

  • サーバーにログインし、Webrootでcomposer.jsonファイルを作成します。
composer.json
{
    "require": {
        "google/apiclient": "1.*"
    }
}
  • composer install を実行したらAPIのインストールが始まります。

(Note: composerがない場合、https://getcomposer.org/doc/00-intro.mdからcomposerをインストールするか、https://github.com/google/google-api-php-client/tree/v1-masterからソースコードを直接ダウンロードします。

Step: 6 - APIをアクセスするPHPコード

  • step3で作成したプライベートキーをアップロードし、コードで引用します。
googleanalytics.php
<?php
function getService()
{
  // Creates and returns the Analytics service object.

  // Load the Google API PHP Client Library.
  require_once 'vendor/autoload.php';

  // Use the developers console and replace the values with your
  // service account email, and relative location of your key file.
  $service_account_email = 'step3で作成されたメールアドレスを入力';
  $key_file_location = 'step3で作成されたプライベートキーの場所';

  // Create and configure a new client object.
  $client = new Google_Client();
  $client->setApplicationName("MyAnalyticsApp");
  $analytics = new Google_Service_Analytics($client);

  // Read the generated client_secrets.p12 key.
  $key = file_get_contents($key_file_location);
  $cred = new Google_Auth_AssertionCredentials(
      $service_account_email,
      array(Google_Service_Analytics::ANALYTICS_READONLY),
      $key
  );
  $client->setAssertionCredentials($cred);
  if($client->getAuth()->isAccessTokenExpired()) {
    $client->getAuth()->refreshTokenWithAssertion($cred);
  }

  return $analytics;
}

function getFirstprofileId(&$analytics) {
  // Get the user's first view (profile) ID.

  // Get the list of accounts for the authorized user.
  $accounts = $analytics->management_accounts->listManagementAccounts();

  if (count($accounts->getItems()) > 0) {
    $items = $accounts->getItems();
    $firstAccountId = $items[0]->getId();

    // Get the list of properties for the authorized user.
    $properties = $analytics->management_webproperties
        ->listManagementWebproperties($firstAccountId);

    if (count($properties->getItems()) > 0) {
      $items = $properties->getItems();
      $firstPropertyId = $items[0]->getId();

      // Get the list of views (profiles) for the authorized user.
      $profiles = $analytics->management_profiles
          ->listManagementProfiles($firstAccountId, $firstPropertyId);

      if (count($profiles->getItems()) > 0) {
        $items = $profiles->getItems();

        // Return the first view (profile) ID.
        return $items[0]->getId();

      } else {
        throw new Exception('No views (profiles) found for this user.');
      }
    } else {
      throw new Exception('No properties found for this user.');
    }
  } else {
    throw new Exception('No accounts found for this user.');
  }
}

function getResults(&$analytics, $profileId) {
  // Calls the Core Reporting API and queries for the number of sessions
  // for the last seven days.
   return $analytics->data_ga->get(
       'ga:' . $profileId,
       '7daysAgo',
       'today',
       'ga:sessions');
}

function printResults(&$results) {
  // Parses the response from the Core Reporting API and prints
  // the profile name and total sessions.
  if (count($results->getRows()) > 0) {

    // Get the profile name.
    $profileName = $results->getProfileInfo()->getProfileName();

    // Get the entry for the first entry in the first row.
    $rows = $results->getRows();
    $sessions = $rows[0][0];

    // Print the results.
    print "First view (profile) found: $profileName\n";
    print "Total sessions: $sessions\n";
  } else {
    print "No results found.\n";
  }
}

$analytics = getService();
$profile = getFirstProfileId($analytics);
$results = getResults($analytics, $profile);
printResults($results);

?>
  • ファイルを保存して、ブラウザーから http://webrootの場所/googleanalytics.php にアクセスしたら、First view (profile) found: アナリティクスのビューID Total sessions: 合計セッション数 が表示されます。
return $analytics->data_ga->get(
       'ga:' . $profileId,
       '7daysAgo',
       'today',
       'ga:sessions');

は、最初見つかったアナリティクスビューの先週分のセッション数をゲットします。
別のビューのデータを見る場合、$profileIdをそのビューのIDに変わります。

他のプロパティをゲットする場合もこちらのパラメータを変更することができます。

Dimensions&Metricsプロパティ参考:https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/dimsmets