pythonでOpenCVを使う一番簡単な方法

  • 60
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

pythonでOpenCVを使うには

Macの場合

Macであればnumpyがインストールされた状態で
1. HomebrewでOpenCVをインストール
2. OpenCV内にあるpythonパッケージにPYTHONPATHを通す or pythonのsite-packages以下にcv.pyとcv2.soのシンボリック・リンクを貼ってやる

という風になります。

Linuxの場合

Linuxであれば、yumで一発ダウンロード出来ません。したがって、
1. OpenCVをダウンロード
2. いろいろパスを指定した上でビルド
3. インストール

しかし、pyenvやvirtualenvなどを使っているとパスの指定がめんどくさい上に、バージョンを切り替えると使えなくなる可能性があります。実際、これで詰まってlinux上でpython&OpenCVの環境を使えていません。AWSでpython&OpenCVを使いたいので困りました。


いずれにせよ、
面倒くさすぎる

一番簡単で早い方法

pyenvでanacondaの環境を作成し、anacondaのコマンドでopencvをインストールする。

pyenvがすでにインストールされいるのであれば、

pyenv install anaconda-2.1.0
pyenv global anaconda-2.1.0
pyenv rehash

インストールが終わったら以下のコマンドを実行するだけ。簡単すぎてキレそうです。

conda install -c https://conda.binstar.org/jjhelmus opencv