Mac OSX Yosemite(10.10.2)をBeacon化する方法

  • 18
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Bluetooth USBアダプタを購入する

Yosemite (10.10.2)ではCBPeripheralManagerにバグあるため必要です。
私はAmazonで1500円程度の以下を購入しました。USBポートにセットするだけで動作します。

BT-Micro4

iBeaconSwiftOSXをダウンロードする

実は、Node.jsのパッケージである、node-bleaconを使って動かそうと思ったのですが、以下のエラーのために動作しませんでした。

Error: OS X 10.10 does not support advertising iBeacon

そこで、iBeaconSwiftOSXが良さそうだったので使用することにしました。ダウンロードは、git コマンドでクローンするか、リンク先の「Download ZIP」から出来ます。

git clone https://github.com/mgigirey/iBeaconSwiftOSX.git

次に、ダウンロードしたフォルダの中にあるプロジェクトファイル(iBeaconSwiftOSX.xcodeproj)をXcodeで開きます。Run(実行)すると以下のウィンドウが開くので、「Turn iBeacon on」ボタンを押すとMacがBeacon化されます。

Screen Shot 2015-02-07 at 10.46.10 PM.png

iPhoneからBeaconを検出する

今回は、以下のサンプルプログラムを参考に、iPhoneでBeaconを検出するアプリを作成しました。注意しないといけないのは、検出する側のUUIDを先ほど入力したものと同じにすることです。(ここでは12345678-1234-1234-1234-123456789123を使用しています。)

逆引きSwift (iOS編集) iBeaconの検出

以下の画像のように表示されれば、検出成功です。

IMG_1661 copy.png

また、App StoreからBeacon検出アプリをダウンロードして、UUIDを設定することでも検出を確認できます。

参考

[iOS][OS X] Yosemite で Beacon アプリを動作させる