【初心者向け】エイリアスの設定方法

  • 52
    いいね
  • 1
    コメント

エイリアスとは?

エイリアス 【 alias 】
偽名、別名、通称などの意味を持つ英単語。 ITの分野では、ファイルなどの実体を 別の名前で参照するためのシンボル といった意味で使われることが多い。

つまり、bundle execと書かなければいけないものを、
beで済ませることができたら便利!
ってことですね。

今回はこのエイリアスの設定方法を書いていきます。

エイリアスの設定の前に

ターミナルアプリを iTerm にすると幸せになれます。

iTermはホットキーが設定でき、Ctrl + FとかCtrl + Wとか素敵なキーバインドでターミナルを開けるようになるのでぜひとも導入しましょう。

iTermは こちら のサイトからダウンロードできます。

(以下「ターミナル」はiTermを指します)

エイリアス設定の流れ

1..bashrcにエイリアスを記述する

エイリアスは.bashrcというファイルに記述します。

ターミナルからvi ~/.bashrcと打って、.bashrcのファイルをvimで開きましょう。

vimで書き込みを行うときは、iを押します。
すると、一番下の行に-- INSERT --と出て、入力モードになります。

ここに以下の文法でエイリアスを記述します。

alias be='bundle exec' 

試しにこのエイリアスを設定してみましょう。
( ※ =の左右にスペースを空けると後でエラーが起きます)

書き込みが済んだら、escを押して入力モードを解除します。

この状態で、:wqと打つと保存してvimを終了してくれます。
(保存しないで終了したい場合は:q

2..bash_profile.bashrcを読み込む設定をする

エイリアスは.bashrcに書いただけでは設定が反映されません。

なので設定を反映させるために、.bash_profile.bashrcを読んでもらう必要があります。

.bash_profileターミナルが起動すると読み込まれる ものなので、そのタイミングで.bashrcも読んでもらうというわけですね。

ターミナルからvi ~/.bash_profileと打って、.bash_profileをvimで開き、ファイルの一番下に以下のコマンドを記述しましょう。

source ~/.bashrc

この変更自体も反映させなければいけないので、ターミナルからsource ~/.bash_profileを実行しましょう。

(ターミナルの再起動でも.bash_profileが読み直されるのでそれでも大丈夫ですね)

これでエイリアスの設定は完了です。

おすすめエイリアスの紹介

以下は自分が設定しているエイリアスです。
気になるものがあれば上で紹介した手順で実際に設定してみましょう!

# Linux Command
alias mk='touch'

# Open
alias os='open -a sublime\ text'
alias oc='open -a google\ chrome'
alias ox='open -a xcode'

# Rails Command
alias rs='rails s'
alias rs4='rails s -p 4000'
alias rc='rails c'
alias cre='rake db:create'
alias mig='rake db:migrate'
alias rol='rake db:rollback'
alias seed='rake db:seed'
alias drop='rake db:drop'
alias rr='rake routes'
alias be='bundle exec'
alias bi='bundle install'

# Shortcut
alias bp='open -a sublime\ text ~/.bash_profile'
alias br='open -a sublime\ text ~/.bashrc'
alias sbp='source ~/.bash_profile'
alias objc2swift='java -jar ~/ios-projects/libraries/objc2swift/build/libs/objc2swift-1.0.jar'

# Change Directory
alias de='cd ~/Desktop'

# Git
alias makepr='git commit --allow-empty -m "Make PR"'

他にもいいものがあったら是非教えてください。