Mojolicious最速マスター

  • 64
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

PerlのWeb Application Frameworkである Mojolicious でアプリをつくる場合に必要な基礎的な使用法を紹介します。1枚スクリプトから書けるMojolicious::Liteを前提としていますが大きなモノにも対応出来ます。


イントロ

インストールする

cpanm コマンドでコアモジュール以外の依存関係無しで一発。

$ cpanm Mojolicious

雛形をつくる

Mojoliciousディストリビューションに同封されている mojo コマンドを使ってアプリの雛形をつくりましょう。

$ mojo generate lite_app myapp.pl

立ち上げてみる

myapp.pl 自身が実行可能なスクリプトになっているので

$ ./myapp.pl daemon

とすることで実行したホストの3000番ポートでアプリが立ち上がります。その他 plackupで立ち上げる方法など があります。


ルーティング

GET/POSTのメソッドで振り分ける

Mojolicious::LiteだとDSLが提供されるのでその中の getメソッドpostメソッド 使いましょう。他にもPUTやDELETEもサポートされているのですが、まー最初はget/post知っとけばいいでしょう。

get '/entry' => sub {
    my $self = shift;
    # ちなみに $self はMojolicious::Controllerを継承したインスタンス
    ...;
};

post '/entry' => sub {
    my $self = shift;
    ...;
};

URLの一部をキャプチャする - path の placeholder

/entry/1 とか /entry/2 とか /entry/3 とかURLの一部、この場合だと /entry/{数字の部分} をキャプチャしてコントローラの中で使いたい時はこのようにします。

get '/entry/:id' => [ id => qr/\d+/ ] => sub {
    my $self = shift;
    my $id = $self->stash->{id};
    $self->render( text => "Entry ID is $id!" );
};

ちなみに $self->stash を使わずに $self->param(“id”) でも可能。


コントローラ

リクエストパラメータ値を取得する

$self->req->param もしくはショートカットである $self->param を使います。

post '/entry' => sub {
    my $self = shift;
    my $body = $self->req->param('body');
    ...;
};

デバグ用のログを出力する

logディレクトリ があればそこにファイル出力、無ければ立ち上げているサーバの標準出力に印字されます。また debug ログだけではなくエラーログなどログレベルを指定することが出来て MOJO_MODE の環境変数等に決まるモードによってどのレベルのログが出力されるかが制御されます。

get '/' => sub {
    my $self = shift;
    $self->app->log->debug('This is debug log!');
    ...;
};

テンプレートをレンダリングする

後ほど説明するテンプレートファイルに値を渡しつつレンダリングする方法です。

get '/' => sub {
    my $self = shift;
    my $self->stash->{message} = 'Hello Mojolicious';
    $self->render('index');
};

$self->stash にデータ構造を入れるとそれがそのままテンプレートで変数化します。また renderメソッド で対象のテンプレートファイルを指定します。

JSONを出力する

先ほどの render メソッドの呼び方をちょいと変えて、ハッシュリファレンスや配列リファレンスなどを与えます。

get '/json' => sub {
    my $self = shift;
    my $result = { status => 'OK', message => 'I am Fine!' };
    $self->render( json => { result => $result  } );
};

リダレイクトさせる

redirect_to メソッドを使います。パスだけ書いて同じアプリケーション内へ、http:// からはじめてフルでURLを書くと外部サイトへ飛びます。

get '/dummy' => sub {
    $self = shift;
    $self->redirect_to('/');
};

テンプレート

変数の展開

Perl-rish、つまり、Perlがそのまま書けてしまうMojo::Templateに習います。コントローラから渡ってきた変数の展開は基本このように書きます。

<p> Message : <%= $message %></p>

<%= $value %> とすることで自動的にエスケープが走ります。どうしてもエスケープさせたくない場合は <%== $value %> を使いますがあんま機会はないでしょう。ちなみに今回「変数」と言ってますがオブジェクトをstashで渡してそのメソッドもそのまま実行出来ます。

ループ

Perlがそのまま書けるので for文で回しちゃいます。entries に配列リファレンスが入っているとして

<ul>
% for my $entry (@$entries) {
  <li><%= $entry->{title} %></li>
% }
</ul>

でイケますね。

レイアウトの適応

テンプレート内でlayoutメソッドcontentメソッドを利用するとヘッダーやフッターを含んだ「外枠」と「コンテンツ」を分けて記述することになります。

@@ layouts/default.html.ep
<html><body>
  <div id=“content”>
    <%= content %>
  </div>
</body></html>

@@ index.html.ep
% layout ‘default’;

<p>This is content section!</p>

その他

セッションを使う

Mojoliciousデフォルトのセッションを使う場合は必ず app->secret() メソッドでアプリケーション独自の秘密のパスワードみたいなのを設定してから使いましょう。

use Mojolicious::Lite;

app->secret('secret_password');

get '/' => sub {
    my $self = shift;
    $self->session->{count}++;
    $self->render('index');
};

app->start();
__DATA__

@@ index.html.ep
Count: <%= session 'count' %>

User-Agent名を取得する

リクエストオブジェクトが $self->req で取れるのでそこから辿ります。

get 'ua' => sub {
    my $self = shift;
    my $ua = $self->req->headers->user_agent;
    $self->stash->{ua};
    $self->render();
};

あとはチュートリアル見てください。

以下は昨日食べた「ねぎま鍋」の様子です。本文との関連はありません。

IMG_2523.JPG

この投稿は Mojolicious Advent Calendar 201318日目の記事です。