CentOS 7.1.1503ではnmcliでIPアドレスを固定する方法が変更された

  • 51
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

CentOS 7.0.1406 (NetworkManager 0.9.9.1)ではnmcliを使ってNICに固定IPアドレスを設定するには次のようなコマンドを実行した。

# nmcli connection modify enp0s8 ipv4.method manual ipv4.addresses "10.0.2.250/24 10.0.2.1" ipv4.dns 8.8.8.8

この後、「systemctl restart network.service」などで反映される。

しかし、CentOS 7.1.1503 (NetworkManager 1.0.0)では同じnmcliコマンドを実行するとエラーになる。

# nmcli connection modify enp0s8 ipv4.method manual ipv4.addresses "10.0.2.250/24 10.0.2.1" ipv4.dns 8.8.8.8

Error: failed to modify ipv4.addresses: invalid prefix '24 10.0.2.1'; <1-32> allowed.

結局のところ、従来なかった「ipv4.gateway」プロパティが増えているので以下のようにすればよい。

# nmcli connection modify enp0s8 ipv4.method manual ipv4.addresses 10.0.2.250/24 ipv4.gateway 10.0.2.1 ipv4.dns 8.8.8.8

まあ、この指定の仕方のほうがすっきりしてると思うけどね。