Vagrantの使い方とコマンド一覧のまとめ

  • 29
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

備忘録です。(for Mac)

参考: http://lab.raqda.com/vagrant/index.html
詳細や他のコマンド、Vagrantfileのオプション設定など、勉強させていただきました。

Vagrant 準備

  • VirtualBox 公式(https://www.virtualbox.org/)からDLしてInstall
  • Vagrant 公式(http://www.vagrantup.com/)からDLしてInstall
  • 作業ディレクトリを作る (私は /Users/ユーザ名/MyVagrant/ )
  • ターミナルを立ち上げて ↑まで移動
  • 作業ディレクトリの中で vagrant init → Vagrantfileが出来る
  • 以降も ターミナルでの Vagrantコマンド実行はこのディレクトリ内で

box 追加・削除

  • boxの追加 vagrant box add box名 boxファイルの指定
    例: vagrant add cent64 CentOS-6.4-x86_64-v20131103.box
    box名は、自由に名前をつける。 後々コマンド入力するので簡単で分かりやすいものがいい。
    boxファイルの指定は、使いたいOSのboxファイルを http://www.vagrantbox.es/ などから選択。
    事前にDLしてファイル名で指定してもよし、URLで指定してもよし。
    addするboxは何個でも可 (使うboxはVagrantfileで指定)
  • box追加後、Vagrantfileを開いて、config.vm.box = "box名" のbox名を先のbox名に編集
  • 追加済みboxの確認 vagrant box list
  • 追加したboxの削除 vagrant box remove box名

運用

  • 起動する。vagrant up
  • 接続する。vagrant ssh
  • 保留する。vagrant suspend
    起動状態を保存して止める。RAMとCPUの消費も止まります。シャットダウンより再開が早い。
  • シャットダウンする vagrant halt
    保留より再開に時間かかる。再開時はvagrant up
  • 再開する vagrant resume もしくは vagrant up
    保留(suspend)したマシンを再開
  • 現在の状況 vagrant status
    runningなら使ってなくてもRAMとCPUを消費中。使わないなら保留orすべし。