CentOS7へのJenkinsのインストール手順

  • 27
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Javaインストール

# yum install java-1.7.0-openjdk

Jenkinsのyumリポジトリ追加

# cd /etc/yum.repos.d
# curl -O http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
# rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

Jenkinsのインストール

# yum install --enablerepo=jenkins jenkins

HTTPS用の証明書の作成

とりあえず自己署名証明書にしておく。

# cd /var/lib/jenkins
# mkdir .ssl
# keytool -genkey -alias jenkins-ssl-cert -keyalg RSA -keystore .ssl/.keystore -validity 365
# // パスワード以外はすべてデフォルト。最後は「はい」
# chown -R jenkins.jenkins .ssl

Jenkins設定ファイルを更新

HTTPではなく、HTTPSで、なおかつポート番号(XXXXX)を使用する場合。

/etc/sysconfig/jenkins
JENKINS_PORT="-1"
JENKINS_HTTPS_PORT="XXXXX"
JENKINS_HTTPS_KEYSTORE="/var/lib/jenkins/.ssl/.keystore"
JENKINS_HTTPS_KEYSTORE_PASSWORD="password" # .keystoreのパスワードを設定

ファイアウォールの設定

# firewall-cmd --zone=public --permanent --add-port=XXXXX/tcp
# firewall-cmd --reload

サービスの自動起動設定

systemctlでenableにできなかった。

# chkconfig jenkins on

サービスの再起動

# systemctl start jenkins

終わり

とりあえずこれでブラウザからアクセスできる。