Rで超幾何分布を用いてp-valueを計算する

  • 1
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

overrepresentationを計算するときに、p(X>=x)を計算したい。
しかし、Rのphyperではp(X<=x)を計算するため、工夫が必要。

x # white balls drawn
m # nunmber of white balls in bag
n # number of black balls in bag
k # number of balls drawn

p <- 1 - phyper(x-1, m, n, k) # P[X >= x] = 1 - P[X <= x-1]