ggplot2でMA plot

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

MA plotは、x軸のAが平均、y軸のMが差。
MA plot - Wikipedia, the free encyclopedia

やってみた

EdgeRの出力結果の表を想定しています(遺伝子ごとに、a.value, m.value, estimatedDEGが記録されている)。
estimatedDEGは、1ならば発現変動遺伝子(DEG)を表します。下の例では、DEGの点だけを赤くします。

MAplot
g <- ggplot(res, aes(x=a.value, y=m.value, colour=factor(estimatedDEG))) +
geom_point(size=1) + 
scale_colour_manual(values = c("black", "red")) + 
scale_fill_manual(values = c("black", "red"), breaks=c("0", "1"), labels=c("non DEG", "DEG")) + 
theme(legend.title=element_blank()) + 
ggtitle(paste0(conditions[1], " vs ", conditions[coef]))
print(g)

さらに、DEGが何個あったかをプロットに追加します。

MAplot
g <- g + annotate("text", x = rep(max(res$a.value)*0.8, 2), y = c(0.8,0.9) * min(res$m.value), label = c(label1, label2))
print(g)