JSFの開発環境をセットアップしたのでメモ(Eclipse、JBoss)

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

JSFの開発環境セットアップしたのでメモします。
今回の環境は、下記になります。
・Windows 8 Pro(64bit)
・Eclipse 4.3 Kepler
・JDK 7u51
・JBoss EAP 6.1.0 Final
・Jboss ツール 4.1.1 Final

JDKのインストール

まず、JDK(Java Development Kit)をインストールします。
ここでインストールするバージョンは、「7u51」です。

  1. http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html にアクセスします。

  2. Java Platform(JDK) 7u51 のDOWNLOADアイコンをクリックします。
    0_0.png

  3. ライセンスを読み、『Accept License Agreement』ラジオボタンをクリックして、使用OSに合わせて、ダウンロードするファイルをクリックしてダウンロード開始します。
    Windows8 64bitであれば jdk-7u51-windows-x64.exe を選択します。
    0_1.png

  4. ダウンロードしたインストーラの指示に従ってインストールします。
    特にこだわりが無ければ途中の設定はすべてデフォルトで問題ありません。

  5. 環境変数JAVA_HOMEをインストールしたフォルダに設定します。
    変数[JAVA_HOME]
    値[C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_51;]
    0_2.png

Eclipseインストール

次にEclipseをインストールします。
全部入りで便利な「All in One」をダウンロードします。

  1. http://mergedoc.sourceforge.jp/ にアクセスし、Eclipse 4.3.1 Keplerを選択します。
    1.png

  2. Java 64bitのFull Editionを選択しダウンロードします。
    2.png

  3. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    ファイル名が長く失敗の恐れがあるため、
    ファイルをディレクトリ直下に置きファイル名を「a」とリネームしてから解凍します。

Jbossインストール

次にJboss EAP をインストールします。

  1. http://www.jboss.org/jbossas/downloads にアクセスしてダウンロードします。
     今回は「EAP 6.1.0 Final」をダウンロードします。
    3_2.png

  2. ダウンロードしたファイルを任意の場所に解凍します。
     今回は「I:\Eclipse_JSF\JBoss\jboss-eap-6.1」になりました。

Eclipseの設定

インストールしたEclipseを設定します。

  1. Eclipseを立ち上げて、[ウインドウ] > [設定]をクリックします。

  2. インストール済みのJREを選択し、追加をクリックします。
    000.png

  3. 標準VMを選択し、次へをクリックします。
    001.png

  4. ディレクトリーをクリックし、先ほどインストールしたJDKを選択し、完了をクリックします。
    002.png

  5. コンパイラーを選択し、「コンパイラー準拠レベル」で「1.7」を選択し、OKをクリックします。
    003.png

Eclipse JBossプラグイン(JBoss Tools)のインストール

最後にJBossのEclipse用のプラグイン「JBoss Tools」をインストールします。

  1. [ヘルプ] > [Eclipse マーケットプレース]をクリックします。
    4_1.png

  2. 「Jboss」で検索し、「Jboss ツール 4.1.1 Final」をインストールします。
    5_2.png

  3. 「Jboss Tools」にチェックが入っているのでそのまま確認をクリックし進みます。
    5_3.png

  4. 同意を選択し、完了をクリックするとインストールが開始されます。
     途中、セキュリティー警告が表示されますが、「OK」をクリックします。
    5_4.png

  5. インストールが完了したらEclipseを再起動させます。

JBoss設定と起動

EclipseからJbossを起動できるように設定します。

  1. [ウィンドウ] > [ビューの表示] > [その他] > [サーバー]でサーバータブを表示します。
    7.png

  2. サーバータブのところで右クリックし、[新規] > [サーバー]をクリックします。
    8.png

  3. 新規サーバーという画面が開かれるので、「JBoss エンタープライズ・プラットフォーム 6.1+」を選択し、次へをクリックします。
    9.png

  4. 表示される設定画面で以下を設定し、完了をクリックします。
     ・「名前」…任意の名前
     ・「ホーム・ディレクトリ」…JBoss Application Serverの配置場所
      (今回の場合、「I:\Ecilpse_JSF\JBoss\jboss-eap-6.1」)
     ・「JRE」…インストール済みのJDK(今回の場合、「jdk1.7.0_51」)
     ・「構成ファイル」…「standalone.xml」(デフォルトのまま)

  5. サーバーが追加されたので、「サーバーを始動」の再生ボタンを押下し、起動します。
    004.png

  6. ブラウザで http://localhost:8080 にアクセスし、表示されたら完了です。
    999.png